おりものはどんなニオイ?体の変化を知っておこう

おりものはどんなニオイ?体の変化イメージ

おりものはニオイがあり、変化するもの

おりものからニオイがすることは正常な状態です。おりものには周期あり、生理前の黄体期には量が増え、においも強くなり始めます。また、女性ホルモンの分泌がピークである、20代から30代にも量が増える傾向にあるため、においも変化しやすい時期です。このように女性の生理周期、年齢によってもおりもののニオイは変化します。

普段の“おりもの”はどんなニオイ?

個人差はありますが、一般的に正常なおりものは、酸味のあるすっぱいニオイであることがほとんどです。膣内には“デーデルライン桿菌”という、膣の中をキレイに保ってくれるよい菌が存在します。このデーデルライン桿菌が発生させる“酸”の影響で酸っぱいにおいが「気になるにおい」として感じてしまうようです。このすっぱいニオイは人によって、お酢を薄めたようなにおい、ヨーグルトやチーズといった酸味のあるものに感じる人もいるようです。

注意しなければいけないニオイって?

正常な状態でもニオイがあるおりものですが、特に注意が必要なニオイの種類があります。非常に強い酸味があるニオイ、魚が腐ったような生臭いニオイなど、このようにあきらかに異常だと感じるニオイがある場合は、性感染症の疑いや膣の病気である可能性があります。カラダの変化に気づけるよう、普段から自分のおりものの変化を感じ取れるようにしましょう。

きつく、おりものが臭う原因とは?

現代人がかかえるストレスが原因に

現代人がかかえるストレスイメージ
ストレスや疲労、心身の不調よって女性ホルモンの分泌に乱れが起きます。女性ホルモンが乱れると、膣内の“デーデルライン桿菌”が減少してしまい、雑菌が繁殖しやすい陰部になってしまいます。また、カラダの中に細菌が入ってくるのを防ぐ“自浄作用”が弱まると、カンジダ膣炎などの膣炎を発症させる原因にもなりかねません。免疫欲が低下するとおりものが臭うだけでなく、さまざまな病気を引き起こすきっかけとなってしまいます。

性交渉・性感染症

性感染症は細菌が繁殖する病気なので、おりものからも臭いがすることがあります。そんな中でも、おりものから強いにおいがする性感染症として知られているのが、膣内や子宮頸管に「トリコモナス」という原虫が侵入することで炎症を起こす膣トリコモナス症です。これは強いニオイを発する黄色いおりものが出て、ときには血が混ざることや、排尿時に痛みを感じるという特徴があり、性交渉が感染原因と言われています。また、繰り返し腟内で射精が行われた場合には、アルカリ性を帯びている男性の精液によって腟の中の酸性が中和され、細菌による腟炎を起こすケースもあります。

抗生物質の服用によるニオイ

風邪などの体調不良で抗生物質などの薬を服用している場合、それが原因でデーデルライン桿菌の働きを低下させている可能性があります。しかし、早く治して薬の服用をやめれば、においは気にならなくなります。ニオイが気になるからといって、無理に服用をやめたりせず、医師の指示はきちんと守りましょう。まずは体調を取り戻すことが第1優先です。

不衛生・汗やムレによる雑菌の繁殖

不衛生・汗やムレによる雑菌の繁殖のイメージ
陰部を清潔にしていないと雑菌が増えてニオイのもととなります。長時間ナプキンやおりものシートを交換していない、汗をかいて下着がムレている、といった場合にも雑菌は繁殖しやすい状態になります。また、皮脂や汗が混ざったおりものは、よりニオイがきつくなります。特に高温多湿の時期は要注意。不衛生が原因のニオイは清潔にすることが最も重要です。

“正しい洗い方”ができていない

女性の性器は入り組んでおり、とても複雑な仕組みをしています。自分では綺麗に洗っているつもりでも、表面だけの洗浄といったケースが多くあります。これでは、ニオイの元となる雑菌が残ったままです。おりものは時間が経つと固まりやすく、陰毛の根元などにこびりついていることから、慢性的なニオイの原因となってしまうこともあります。また、その反対に洗いすぎている場合も考えられます。陰部の洗浄は女性のカラダの部位で特に難しく、丁寧に扱わなければいけません。過剰に洗ってしまうことで善玉菌を一緒に流してしまったり、ゴシゴシこすることで陰部に見えない傷ができてしまいます。この細かい傷に外部から雑菌が侵入し、ニオイを作り出す原因となります。きちんと洗浄できていない、過剰に洗いすぎていることは、おりものが臭う原因です。

どうすれば治る?おりもののニオイ対策

異常なニオイがある場合はすぐに病院へ

異常なニオイがある場合はすぐに病院イメージ
おりものから非常に強い酸味があるニオイ、魚が腐ったような生臭いニオイなど、このような異常がある場合はすぐに医療機関を受診しましょう。細菌による腟炎は病院で処方してもらった薬で比較的簡単に治すことができます。また、性感染症の場合も現代では抗生物質などの投与でほとんどが完治します。ですが、自己診断や「恥ずかしい」といった羞恥心から、治療が遅れて症状が悪化してしまうことも多くあるようです。重症化すると治療には時間がかかってしまい、体にも負担がかかります。医療機関を受診することは決して恥ずかしいことではありません。将来妊娠を望んだときに、早産や流産などのリスクを負わないためにも、早期発見、早期治療が大切です。また、普段から性交渉の際はコンドームを使用するなどセーフセックスを心がけることが大きな予防、対策の手段となります。

ストレスをためない

おりものだけではなく、全身の体臭にも影響があるように、ニオイとストレスは密接な関係にあります。膣内をきれいに保つ自浄作用や免疫力を低下させないよう、毎日バランスの良い食事を摂って、リラックスする時間をきちんと確保することを心がけましょう。心身の調子を取り戻すためには、規則正しい質の高い睡眠も重要です。

おりものシートはこまめに交換する

おりものでシートや下着が汚れたらなるべく早めに交換するようにしましょう。また、スポーツの後や夏場の汗をかきやすい時期にもシャワーを浴びたり、下着の替えがあると陰部を清潔に保つことができます。おりものは汗が混ざるとニオイがきつくなります。神経質になりすぎる必要はありませんが「そのままにしない」など、いつもよりちょっと意識をするだけでもニオイは変化します。なるべく清潔であることを心がけるようにしましょう。

陰部の正しいケアをする

“陰部のにおいケア”というと特別にクリニックに通ったり、高額なケア用品を思い浮かべてしまいがちですが、おすすめする方法はそうではありません。一番簡単な方法は、陰部専用の石鹸を使って優しく洗ってあげることです。この方法であれば、毎日の入浴の際に顔と同じように洗うことで、ニオイを防ぐことができます。なぜ陰部専用の石鹸が一番良いのかというと、シンプルに陰部の為に成分配合された石鹸であるからです。ボディーソープで洗顔しない理由と同じです。デリケートゾーンと呼ばれる部位は肌も繊細です。肌への優しさが考慮されずにただ洗浄力の強い石鹸を使用すると良い殺菌までも殺してしまうためにおいがかえって強くなるという可能性があるのです。
陰部をケアする際は優しく丁寧に洗いましょう。

デリケートゾーン専用石鹸の選び方

デリケートゾーン専用石鹸の選び方
陰部を清潔に保つ“石鹸の選び方”については慎重におこなう必要があります。できれば肌に優しい “植物由来成分の石鹸”を使用することが、におい予防やケア対策として好ましいでしょう。おりもののニオイには様々な原因があります。従って、それらの対処法もそれぞれに違って来ます。ですが、日頃からデリケートゾーンを清潔にしておくことで“においの元をあらかじめ防ぐこと”はできます。そうすれば、ちょっとした体調不良のときでも“においにくいデリケートゾーン”を期待することができます。女性ならではの悩み「おりもののニオイ」は、積極的なケアで対策しましょう。

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ