なぜナプキンでデリケートゾーンかぶれるの?

月経時のナプキンの不快感は女性の悩みの種になります。メーカーも少しでも快適に過ごしてもらおうと開発を進めていますが、吸収力を上げることが重視され、かぶれなどの肌ケアは二の次にされがち。
それにいくらナプキンを替えたところで、どのみち摩擦によるかぶれは起こってしまいます。デリケートゾーンをかぶれから守るには、刺激に強くするのが大切です。

もれないナプキンは水分が蒸発しにくく蒸れやすい

生理中、ナプキンで肌がかぶれてしまうのは蒸れが原因。
ナプキンの蒸れ
経血をすばやく吸って閉じ込めるようにできている紙ナプキンは、とても吸収力が高く作られています。
メーカーもこぞって吸収率の良いナプキンを開発し、ナプキンから経血がもれないように研究を進めています。

ただ、吸収率が良く、それだけ経血がもれないということは、水分もその分蒸発しにくいというデメリットを持っています。
もともと蒸れやすい場所でもあるので、ますます湿気を帯びて不快感が増し、ナプキンに閉じ込められた経血で雑菌が繁殖するなどして女性性器に刺激が与えられると、そこでかぶれが生じます。

>>デリケートゾーンのかぶれを予防するには肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸でケア

化学物質が肌に影響

現在市販されている紙ナプキンは、実際には紙でできてないこともあります。
高分子ポリマーなどの吸収材や数多くの化学物質を使用し吸収率を高めることで、ナプキンに一旦吸い込まれた経血が外にもれださないように工夫がほどこされていることがほとんどです。
陰部は体の皮膚の中でも特に敏感なところで、化学物質の影響も強く表れてしまいます。
アレルギーがある人や肌が弱い人は特に注意してください。

ナプキンと肌の摩擦やこすれでかぶれ発生

陰部は生活上の動作で摩擦が起こりやすい場所でもあります。
普段は気づきませんが、普通に歩くだけでナプキンとデリケートゾーンの間は常にこすれて刺激を受け続けています。
ナプキンが経血で湿っていると余計に摩擦や刺激が強くなり、女性性器はかぶれやすくなります。

ナプキンを変えるよりもスキンケアで肌のお手入れ

デリケートゾーンのかぶれを防ぎたいのであれば、ナプキンを変えるよりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うのがおすすめです。

ナプキンはこまめに交換できないこともあります。
そんなときでも入浴時に陰部を清潔にしておけば雑菌も少なくて済み、かぶれのリスクを減らすことができて安心です。

また、今のナプキンが合わないからとあれこれと他のメーカーを試してみても陰部とナプキンのこすれは避けられません。
大切なのはナプキンのメーカーを変えることよりも、いかに刺激に強い肌作るか。
泡
デリケーゾーン専用の石鹸は、スキンケア効果のあるものが大半です。
化粧水や美容液を陰部にベタベタとつけていては、ムレの原因になるので返って逆効果になることも。
デリケーゾーン専用石鹸であれば、汚れを洗い落しただけの状態でも潤いを保っていられる成分が含まれているので、安心して使い続けることができます。

かぶれを抑えるデリケートゾーン専用石鹸

●ジャムウハーバルソープ 1,895円(税抜)
石鹸
かぶれは予防がまず大切。
万一発生してしまった場合には、とにかく刺激を与えないようにしましょう。

入浴時に洗浄するときには普通の石鹸やボディソープでは肌に負担を与えてしまいます。
使うのであれば、デリケートゾーン専用石鹸の中でも特に肌に優しいジャムウソープが良いでしょう。
ジャムソープ
そんな中でも日本女性の肌に合わせてハーブが配合されているジャムウハーバルソープは、刺激が少なくデリケート部分をしっかりケアしてくれるのでおすすめです!

>>デリケートゾーンを清潔に保つおすすめのジャムウハーバルソープ

石鹸のベースとなっているパーム油は保湿力に優れているので、お風呂上りに化粧水などをつけなくても乾燥知らずですごすことができます。
ジャムウハーバルソープについて詳しくは『【ジャムウハーバルソープ 口コミ 評判】臭いや黒ずみ解消の効果とは?』をご覧ください。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ