生理中にかぶれてしまうのはどうして?

生理になると身体に様々な不調を感じやすくなります。頭痛や吐き気、倦怠感などをはじめ、むくみや肌荒れ、さらには心の状態にも変化が起きます。気分が落ち込みやすくなったり、神経質になりやすい生理中は、体の抵抗力が落ち、アレルギーが出やすいときです。
このように生理中は抵抗力が落ちてしまうため、皮膚がかぶれやすくなります。
もともと繊細なデリケートゾーンですが、生理中はいつも以上にケアを徹底することが快適に過ごすポイントです。また、生理になる前の日常生活から見直すと、かぶれを事前に防ぐ予防にもなります。

生理中のかぶれを予防する5つの習慣

ナプキンやおりものシートの素材を見直す

ナプキンやおりものシートの素材を見直すイメージ
生理中のかぶれの原因の一つにナプキンやおりものシートの素材が合わないことが考えられます。市販の使い捨てナプキンには化学物質が多く含まれています。この化学物質が含まれたナプキンを生理中の約一週間、長時間にわたってつけている場合と、コットン素材のナプキンや布ナプキンを使って過ごした場合とでは、大きな差があります。もちろん、肌質はそれぞれ違うので、市販されている紙ナプキンの方が合っているという人もいます。反対に、肌に優しい素材でできたナプキンによって「かぶれが解消された」といったことも多くの方が体験しています。今使用しているナプキンやおりものシートに不快を感じている方は素材を変えてみることが、かぶれを治す近道かもしれません。

ナプキンをこまめに交換する

「よくデリケートゾーンがかぶれてしまう」という方に多い習慣が、ナプキンの交換をあまりしないことです。特に経血の量が少ない方は、汚れが目立たないからという理由で、長時間同じナプキンをつけたままにしている傾向があります。ナプキンは吸収性に優れているため、表面上は乾いていても奥は経血で湿り気があり、そこから雑菌が繁殖していることが考えられます。また、ムレが起こりやすい部位なので、長時間つけ続けると汗や皮脂などでナプキンは汚れます。見た目にはわかりにくい汚れでも、同じナプキンを付けたままにするとかぶれの原因になります。ナプキンの交換はなるべくこまめに行うようにしましょう。

ストッキングやタイツを履かない

ストッキングやタイツは女性の必需品ですが、生理中の着用はなるべく避けると、かぶれによるかゆみを緩和させることができます。ストッキングにはデリケートゾーンを圧迫したり、通気性を悪くすることが考えられるため生理中の着用はあまりおすすめできません。どうしても足を出したくないといった場合には、ロングスカートなどを着用するなど工夫して、デリケートゾーンを締め付けないようにしましょう。

ボディーソープで洗わない

ボディーソープで洗わないイメージ
ほとんどの方がデリケートゾーンをボディーソープで洗っていると思いますが、生理中は特に適切とは言えません。ボディーソープには多くの油分や香料が含まれているため、敏感な皮膚をしたデリケートゾーンには使うとトラブルを招きやすくなるからです。顔に洗顔料があるように、デリケートゾーンにも専用のソープがあります。専用石鹸を入浴時に使うことで、生理中のかゆみやかぶれも予防したり、さらには気になる臭いにも効果があります。デリケートゾーン専用石鹸はたくさん販売されているので、ジャムウやオーガニックといった植物由来のものが肌に負担をかけずに洗浄することができます。

疲れやストレスをためない

生理になった女性の体は抵抗力が落ち、かゆみやかぶれが生じやすい状態になります。これは生理になる前の普段の生活から見直す必要があります。ストレスや疲れは蓄積すると、肌のターンオーバーに乱れが起きます。抵抗力が落ちた生理中は、なかなかきれいな肌を保てません。普段から、食事や睡眠、適度な運動を心掛けた規則正しい生活を送ることで、生理になったときに差が出ます。これはデリケートゾーンのかぶれだけではなく、肌荒れや生理痛の予防にもなります。

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ