デリケートゾーンの痛みは病気の可能性あり

外陰炎は、性感染症だけでなく、デリケートゾーンを不衛生にしてた場合にも起こります。デリケートゾーンに痛みがある場合は、洗浄する時にできるだけ刺激を与えないことが鉄則です!傷や患部に成分がしみる場合には症状が悪化する怖れがあります。そこで、肌に刺激や負担のないデリケートゾーン専用石鹸を使って正しい洗い方を紹介します。

女性特有の病気「外陰炎」

デリケートゾーンの細菌イメージ
陰部に痛みを伴う病気は他にもいくつかありますが、この「外陰炎」は特に女性特有の症状です。女性器の大陰唇の周囲が炎症を起こし、かゆみや痛みといった症状が出ます。膣炎と合併して起きることもありますので、注意が必要です。
そもそも外陰炎は、女性器の外陰部に細菌やウイルスなどが感染して起こるもので、ストレスを強く感じている時や、体調を崩していたり抵抗力の落ちている時には、特にかかりやすくなります。
生理中に経血を外陰部に付着させたままにしていたり、陰部が蒸れていたりといった不衛生も原因の一つになります。性交渉などで外陰部に傷ができている時に、刺激の強い石鹸やボディソープを使った際にも症状が出ますので、気を付けましょう。

女性も男性もかかる「性器ヘルペス」

デリケートゾーンの蒸れ
性器ヘルペスは、性交渉などによる単純ヘルペスウイルスの感染によって発症します。
性器がかゆくなり、女性の場合はその後、外陰部に痛みが走って小さな気泡(水ぶくれ)がいくつもできます。この水ぶくれが破裂してしまうと、排尿や歩行に支障をきたす事もあるほど 痛みが激しくなるので要注意です。この様になる前に、くれぐれも早目の対処が必要になります。

また、口唇ヘルペスと同じ様に 性器ヘルペスも一度かかると、過労やストレスがきっかけとなって何度も再発することがあります。どんな病気なのか想像がつかないという方は、口唇ヘルペスが陰部で起こると考えればわかりやすいかもしれません。単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、口唇ヘルペスの原因となるのが1型、性器ヘルペスの原因は主に2型と分かれていますが、口唇ヘルペスに触れた手で陰部を触ると、型が違ってもやはり性器に感染する事があるので、くれぐれも注意しましょう。

性器ヘルペスは、女性ではクラミジアの次に多い性感染症です。
感染しても症状がはっきりとしない場合もあるので、知らずにパートナーに感染させてしまうこともあります。陰部のチェックとケアには日頃から十分気を付けていきましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つためには肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸でケア

デリケートゾーンの病気

デリケーゾーンやおりものから強いにおいがした時には、性感染症や病気の可能性が考えられます。子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染症もそれぞれにおいに特徴があります。その為、症状と共に比べてみてください。性感染症は無自覚な場合も多い病気です。まずは疑ってみることから始めましょう。

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ