生理終盤!独特のにおいの元は古い経血!?

経血の酸化によるにおい

生理 におい生理の終わりかけに臭いがきつくなってくることがありますが、これは本来の経血のにおいというよりも、古い経血が酸素に触れて酸化し、そこに汗や皮脂が混じり合うことで発生するにおいであるケースが多いです。生理終わりかけは経血の量が少なくなっている為 なかなか排出されず膣内に残りやすく、それが臭いの原因になります。少し強めで生臭い様なにおいなので、普段からきちんと対策しておきたいですね。

ナプキンや下着に付着した経血の他にも、アンダーヘアなどに経血のにおいがしみついてる場合や、入浴時に綺麗に汚れを落とせていない原因も多くあります。
いつまでもにおいが強いようであれば、ビデでしっかり洗って、古い経血を膣内に残さないことが効果的ですが、使用しすぎて膣内環境のバランスをかえって崩してしまわないようにご注意下さい。

もちろん、性器の溝などにも経血や汗をはじめとする汚れが溜まりやすく、それが臭いの原因になる事もある為、デリケートゾーン石鹸でこまめに優しく洗っておく事が、におい対策には必要です。デリケートゾーンの洗い方について詳しくは『デリケートゾーンの正しい洗い方で【かゆみ】【におい】の予防と対策』で確認してみてください。

生理の終わりかけに増えるおりもののにおい

生理による経血ではなく、生理の終わりかけに増量するおりものが強い臭いを発していることもあります。生理だけでなくおりものも女性ホルモンと密接に関わっており、月経の周期に合わせて量が増加したり減少したりします。通常は生理が終わると同時に、おりものはだんだんと量を増し排卵期に最も増え、その後は分量を減らしていくというサイクルを繰り返しています。おりものは女性の膣内にいる「デーデルライン桿菌」という常在乳酸菌によって元々においがありますが、デーデルライン桿菌のバランスが乱れるとその分においも強くなります。この常在菌のバランスこそがとても重要なのです。

デリケートゾーンのかぶれや炎症によるにおい

細菌生理の終わり頃になると、ナプキンをつけていた間の摩擦やこすれの影響で、陰部がかぶれたり炎症を起こしてしまうことがあります。炎症により、おりものや粘液が減り腟の自浄作用も弱まる為、細菌感染や炎症に弱くなるという悪循環に陥ります。かゆみやかぶれが慢性化しやすい環境ですので、日頃から注意が必要です。

かぶれや炎症によってにおいが強まる事もあるので、刺激の少ない石鹸で綺麗に洗って清潔に保ちましょう。かぶれや炎症が酷い場合には医療機関で相談しましょう。また、デリケートゾーンを「普通のボディソープで洗っている」という方は、今すぐやめましょう。普通のボディソープ(=一般的に売られている全身用のボディソープ)は、デリケートゾーンにとって洗浄力が強過ぎて必要な常在菌も無くなってしまいます。これがデリケートゾーンへのダメージとなって、かぶれや炎症につながっている可能性が高いのです。デリケートゾーンにはジャムウハーバルソープなどの「デリケートゾーン専用石鹸」を使用しましょう。

ロングセラーで安心のジャムウハーバルソープはこちらです>>

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ