生理中のかゆみの原因はやっぱりナプキン

デリケートゾーンが蒸れが原因の場合

吸収率を高め横モレを防止してくれるナプキンは、経血を良く吸い込んでくれて生理中の女性にはとても頼もしい存在です。多くの働く女性にも支持されています。生理中の蒸れその一方で、ナプキンは化学繊維も多く使用されており通気性が悪く、蒸れやすいのがデメリットです。また、経血がすぐにナプキンに吸収されず表面にとどまってしまっている場合は、表面の経血が肌に付着し、余計に蒸れやカブレを促進させてしまいます。

これは赤ちゃんのオムツと同様で、蒸れが起こると陰部では汗をかきやすくなり、高温多湿もあって雑菌の増殖が進んでしまいます。刺激を受けやすい敏感な部分という事もあり、炎症を起こしやすいので注意が必要です。生理中はナプキンをなるべくこまめに替えるようにし、タンポンであってもあまり長く放置せずにマメに交換して不衛生を防ぎましょう。

ナプキンと陰部の摩擦によるかゆみ

月経中になると、女性の陰部はナプキンとの摩擦により、場合によってはカブレてしまいます。もともと敏感なところですが、肌の弱い人ほどかぶれやすいです。肌が「敏感」という事は、刺激を受けやすい状態という事です。これを「肌のバリア機能が低下して弱った状態」と言います。肌のバリア機能を司る「角質層」はサランラップと同程度の厚さ「0.02mm」しかありません。しかし、ナプキンの摩擦によって陰部は「角質層」が荒れる(=かぶれる)と、このバリア機能が弱まったり壊れてしまいます。

すると、更に「かゆみ」を感じやすくなるほか、雑菌などが原因で炎症などが起きてくる危険性が出てくるのです。特にデリケートゾーンの保湿が足りないと「角質層」が乱れて刺激を受けやすくなり、摩擦による悪い影響をダイレクトに強く受けることになります。そしてこれらが、デリケートゾーンの黒ずみを促進する事にもなるのです。
デリケートゾーンのかゆみについて詳しくは『デリケートゾーンのかゆみの原因は?』からご覧ください。

生理中のかゆみの対策法

ナプキンやタンポンのマメな交換は、生理中のかゆみに確かに有効です。しかし、対策法はそれだけではありません。デリケートゾーンを必要以上に蒸れさせてしまわない観点から、ズボンよりも通気性の良いスカートを履いた方が良いでしょう。特に生理中などは臭いが心配でパンツやジーンズで過ごす、という方も多いかと思いますが、スカートの方がかゆみ対策には最適といえます。「デリケートゾーンが痒いなあ…」とお悩みの方は、まずはこちらを試してみて下さい。

花ナプキンとの摩擦が気になる場合は「お使いのナプキンを見直してみる事」も大切です。毎月の事なので、使い心地などよりもお値段重視でナプキンを選ぶ方もいらっしゃると思いますが、やはり高分子ポリマー(合成化学物質)を使用していない素材の製品をおススメします。

例えば表面がふわふわのもの、フィット感が高くズレにくいもの、凹凸使用で肌に触れる面が少なくなっているもの等ですと、ナプキンと陰部の「摩擦軽減」を期待することができます。
またローションやクリームで陰部の保湿を行うという手がありますが、ベタつきの強い化粧品やクリームだと逆に蒸れやすくなることもあります。ベタベタするのが不快な場合は潤い成分の配合された石鹸でケアすると月経中も摩擦を感じずに快適に過ごすことができます。

これなら安心!本物の自然派でデリケートゾーン専用だから>>

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ