臭いが気になる足の爪は専用の洗い方で解消

臭いが気になる足の爪は専用の洗い方で解消

足の爪の臭いを軽減する洗い方

足の爪を切っている時に独特な臭いを感じたことがある人は少なくないようです。その臭いは決して「良い香り」とは言い難いものです。それは足の爪が直接臭うのではなく、爪の垢が臭っているのです。

そもそも爪の垢の成分は新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質です。人の皮膚に常に存在して感染菌から私たちを守ってくれている皮膚常在菌が、靴や靴下の中の高温多湿な環境によって繁殖し、汗や皮脂をエサにして分解する時に臭いを放ちます。

その臭いはイソ吉草酸という成分でその成分が足の爪の垢に浸透することが原因です。またその成分はなかなか落ちにくいのも特徴です。その結果普通の洗い方では綺麗に洗いきれない時もあるようです。

このため洗い方に気をつけて洗わなければなりません。正しい洗い方で洗うことで、臭わない足や足の爪に近づくことができます。

正しい足の洗い方は、まず洗面器などにお湯を張り、そこに足をつけて足に水分を吸わせます。次に石鹸で洗いますが、硬いタオルや軽石などでゴシゴシ洗わず手で優しく洗います。これはゴシゴシ洗って皮膚が傷ついてしまうと逆に菌が繁殖してしまうからです。

また保湿成分が入っているボディソープなどは足蒸れの原因になるので、足だけは固形石鹸を使うようにします。足専用のシャンプーなどを使っても良いです。

足の形は入り組んでいて洗い残しがでやすいので、指の間まで入念に洗います。また足の爪は特に汚れが残りやすく、それが臭いの原因になるので、爪ブラシなどを用いて足の爪の中もきれいに洗うことが大切です。

足の爪はこまめに切って常に短くしておくと洗いやすく汚れもきれいに落ちるので臭いの予防になります。

洗い終わったらタオルでしっかり拭きます。それでも臭いが気になる場合には、水にみょうばん原液10倍に薄めて一晩置いたものを、正しい洗い方できれいになった状態の足の裏にスプレーしそのまま乾かします。

臭わない足や足の爪の第一歩は正しい洗い方から始まります。洗い方に注意することで臭いの解消や軽減に繋がります。

おすすめ特集

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」