乳首の黒ずみの原因はメラニン色素

乳首の黒ずみはメラニン色素

メラニン?色素沈着って?

私たちの肌にはメラニンという色素があります。このメラニンは紫外線によって生成するイメージがありますが、じつは刺激を感じた時にも同じように生成されています。メラニンは防御機能として、私たちの肌を守ってくれる大事な役割があります。メラニンがなければ皮膚細胞が破壊され炎症になり、私たちの肌は火傷のような状態になってしまいます。

ですが、強い刺激によってたくさんのメラニンが生成された時は黒ずみとして残ってしまうこともあります。これを色素沈着といいます。では、色素沈着の原因であるメラニンを、どうしたら必要以上に生成しないようにできるのでしょうか?また、このメラニン色素の過剰分泌を抑えることで、黒ずみを解消することは出来るのです。

乳首が黒ずむ原因と対策

下着による摩擦

ブラジャーや衣服によって起こる擦れも黒ずみの原因となります。ブラのサイズが大きくても摩擦が起きやすく、小さくても圧迫となります。摩擦や圧迫は刺激となり、メラニンが生成されるきっかけとなります。肌は敏感に締め付けや摩擦に反応し、守ろうとする自己防衛本能が働いて、メラニンを大量に発生させます。 この結果肌の色が変化し黒ずみになってしまいます。 一度色素沈着に陥ると改善するのは、なかなか難しくなるので予防が大切になります。

サイズが合わないブラは乳首が黒ずむ原因になるので、こまめにサイズを測ったり、新しく購入する際は必ず試着をして、いつでもぴったりのサイズを着用するようにしましょう。また、綿などの肌に優しい素材のブラを選ぶようにすると黒ずみの進行を防いでくれます。汗を吸収しづらい天然素材以外の化学繊維(アクリル・ポリエステル・ポリウレタンといった化繊)は、汗をかいても湿ったままになったり着けている間中 ずっと肌に負担が掛かっていますのでおススメできません。また静電気や刺激も起きやすくなってしまい、痒みやカブレの原因にもなります。

加齢によるターンオーバーの遅れ

加齢によるターンオーバーの遅れ
加齢によって肌のターンオーバーが遅くなると、古い角質や老廃物を正常に排出できなくなります。正常な排出ができないと、古い角質やメラニン色素がだんだんと蓄積していき、くすみとなってしまいます。肌のくすみが悪化したものが黒ずみです。個人差や部位によっても速度に違いがありますが、30代から40代になるとターンオーバーは45日ほど掛かります。早すぎても遅すぎてもターンオーバーは正常ではありません。正常な周期にするためには、規則正しい生活習慣、睡眠・食事・運動・心身のリラックスがとても重要です。くすみや黒ずみを起こさない為にも、まずは生活習慣から見直す事が大切です。このまま放置せず、できるところからでも早目に改善をしていく様に心掛けましょう。

妊娠・出産・授乳

出産後の授乳に備え、妊娠4週目頃から、肌を守ろうとメラニン色素を乳首に集めるようになるため、乳首や乳輪の色が濃くなり、茶色に変化することがあります。この症状には、女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの分泌の増加によって行われるもので、妊娠中のほとんどの女性が変化を感じています。一説では、赤ちゃんが乳首の位置がわかるよう黒くなるといったこともあるようです。妊娠期の乳首の黒ずみは一時的なものであり、授乳が終われば徐々に元の色に戻っていきますが、続けての妊娠や、人によってはなかなか元に戻らない、などといった場合もあります。時間が経っても戻るような変化がない時は、乳首のケアを試してみるのも良いでしょう。

乳首を美白してくれる成分

乳首を美白してくれる成分

美白効果・透明感がある肌へ導く成分

乳首の黒ずみには、美白や透明感が得られる成分が効果的です。乳首は身体の中でも特にデリケートな部位です。ただ、美白するという事ではなく、敏感な肌にも使える以下の様な「優しい成分」がおすすめです。

ビタミンC誘導体
アルブチン
プラセンタエキス
ハイドロキノン
甘草エキス

美白成分として有名なビタミンC誘導体は、乳首の色を明るくしてくれる働きがあります。また、甘草エキスにはメラニンの生成を抑える働きがあり、天然由来の植物成分のため、肌に優しく美白することができます。

黒ずみのケアってどんな方法があるの?

クリニックによるレーザー治療

「確実に黒ずみを除去したい」「セルフケアは苦手」といった方は、高額にはなりますが皮膚科や美容外科などのレーザー治療という方法もあります。レーザー治療は効果が大きい反面、まれに色むらが発生することもあります。治療をする際は、信頼できるクリニック選びと、事前のリスクの確認も慎重に行いましょう。

黒ずみ専用クリーム

自宅でのケアをしたい場合は、美白成分が含まれた黒ずみ専用のクリームがおすすめです。繊細な乳首の黒ずみにも使用できるのと、脇や膝などの黒ずみやすい他の部分にも使えることが多く、一つあるととても便利です。しかし、クリームは下着についてしまったり、乳首の愛撫がある性行為の前は、相手の口には入ることを考え 使用を避けなければいけないといった難点もあります。また、汗をかきやすい時は使用を控えた方が良いでしょう。

美白成分配合の石鹸

セルフケアに抵抗がない方に最もおすすめなのが、美白成分を含んだ、黒ずみ専用石鹸によるケアです。デリケートな乳首に使用ができる石鹸は、デリケートゾーンや脇にも使える場合が多く、洗浄するだけでニオイ対策としても効果を発揮します。またクリームとは違い、洗い流すまでがケアなので、下着を汚したり性行為を気にすることなく使用できるところもメリットです。美白成分も多く配合されていて黒ずみを解消してくれたり、清潔にしながらも体臭の対策もできる万能な石鹸は、誰でも簡単にできる方法で、安価なので一番おススメできます。

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ