デリケートゾーンの黒ずみの原因

女性ホルモンの変化や新陳代謝で自然に黒ずみが解消されることもありますが、デリケートゾーンを美白ケアするのならその方法は2種類に大別されます。
1つが自宅でのスキンケアで解決する道。もう一つが医療機関を訪問してレーザー治療や薬の投与を受けることです。
自宅スキンケアは医療機関と違い人に見られることなく手軽にケアできるのでやってみて損はありません。

体質や人種、部位によって変わるメラニン色素の量

黒ずみの正体はメラニン色素。
リラックス
デリケートゾーンはメラニンを生み出す細胞の活動が活発で色素沈着が起こりやすい場所です。
そもそもメラニン色素は肌を防御しようとする人体の機能なので、デリケートゾーンはそれだけ人間にとって大切なところだという証拠です。
メラニン色素が多いほどデリケートゾーンは黒ずみやすくなりますが、このメラニン色素は生まれつき色黒であるか色白であるか、体質的なもので量が変わってきます。
また、人種によってもメラニン色素の量には差が見られ、日本人は白人と比べるとデリケートゾーンの色素沈着が起こりやすくなります。

ホルモンバランスの変化による黒ずみ

デリケートゾーンや乳首は出産を控えると色が濃くなります。
これは2種類の女性ホルモン、卵胞ホルモン「エストロゲン」よりも黄体ホルモン「プロゲステロン」が活発に働きホルモンバランスが変化するため。
色が濃くなるのは出産に備えた体の防御反応です。

下着や洗浄時の摩擦が影響で起こる黒ずみ

下着の擦れサイズが合っていない小さな下着の着用で下着がこすれてデリケートゾーンに色素沈着の起こるケースが目立ちます。
こすれによる摩擦で皮膚が刺激され、その刺激から皮膚を守ろうとして角質が厚くなったり、メラニン生成が過剰になってしまい、その結果、皮膚が黒ずんでくるとも言われています。
かわいい下着をはきたい気持ちはわかりますが、なるべくつけ心地のソフトな物を選び、デリケート部分の摩擦を回避しましょう。
泡バスタイムに気を付けたいのがタオルでゴシゴシと洗う行為。
デリケートゾーンは敏感なので普通の石鹸やボディソープだと洗浄力が強すぎて、女性の性器を守っている酸性の粘膜が中和されてしまうこともあります。
そうすると刺激を受けてメラニンが発生しやすくなるので要注意。

>>おすすめのジャムウハーバルソープで優しく洗ってキレイにケア。

加齢による新陳代謝の遅れがメラニンを蓄積

デリケートゾーンは年齢を重ねると黒ずんできます。
若い頃は活発な新陳代謝でメラニン色素は滞りなく排出されますが、加齢によってターンオーバーが乱れたり遅れてくるとメラニン色素はどんどん蓄積され、もともと色素沈着の起こりやすいデリケートゾーンなどは色が濃くなっていきます。

デリケートゾーンの黒ずみって美白できるの?

体質的な黒ずみはレーザーや薬で治療

体質からくるデリケートゾーンの改善は長期間の持続が大切。
美白をするにしても化粧水や美容液だけでなく石鹸にも美白成分が含まれているものを毎日使うなど、長いスパンでのスキンケアが必要になります。
ローズ イランイランもっと根本的に改善したい場合には医療機関でレーザーや薬の処方を受けるのがベストです。
ただし、これは美容目的の施術にあたり保険が適用外となるので価格をきちんとチェックしましょう。

女性ホルモンによる黒ずみはしばらくようすを見てから

妊娠中にデリケートゾーンが黒ずんでいるのであれば、出産を終えてから美白ケアに取り組みましょう。
メラニンがデリケートゾーンを刺激や傷から守っている可能性がありますし、出産後しばらくすると自然に薄くなることも考えられます。

>>デリケートゾーンのにおいのケアには肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸でケア

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ