デリケートゾーンのかゆみの原因は?

おりものや汗、ナプキンによる蒸れによるかゆみ

ナプキンの蒸れ
デリケートゾーンのかゆみの原因で最も多いのが、蒸れです。女性のデリケートゾーンは、汗やおりもので常に湿っていて通気性も悪くなっています。
生理中のナプキンやおりものシートを長時間つけたままにしておいたり、汗をかくことでかゆみの原因である雑菌が繁殖しやすい状態になります。

バランスのとれた常在菌以外の雑菌は、かゆみの元になります。デリケートゾーンはかゆみやかぶれを生じやすい繊細な部位なので、生理中やおりものが多い方、汗をかいて蒸れが起こりやすい夏場や、着込みがちな冬場も特に注意が必要です。

併せて気を付けて頂きたい事は、キツめの下着によって圧迫しない事。体温が高くなり圧迫されたデリケートゾーンの皮膚は、メラニン色素を分泌する器官を刺激してしまう事になり、色素沈着を促してしまいます。これによってデリケートゾーンはどんどん黒ずんでしまうのです。

できる限り天然由来の繊維である綿やシルクの素材で、少しゆったりとした下着を着用するように心掛けてください。

敏感肌が原因によるかゆみ

デリケートゾーンは角質層が薄く、とても繊細な部位です。角質層が薄くて、敏感なデリケートゾーンは刺激に弱い敏感肌ということです。“敏感肌”になると、肌のバリア機能が弱った状態になり、抵抗する力も弱ってしまいます。これは肌の1番外側にある“角質層”の乱れが原因です。また、剃毛や脱毛トラブル、洗い過ぎでカユクなる事もあります。カユイからといって、絶対に掻いたりしない様にしましょう。角質層が弱っている状態で掻くと、皮膚の色素沈着にも繋がってしまいます。

そもそもデリケートゾーンの洗い方や選ぶ石鹸が間違っていることもよくあります。清潔にする事はとても大切な事ですが、副作用のリスクも低いデリケートゾーン専用の石鹸を選ぶ事が重要です。「ちょっとかゆいかな」という程度ならば、下着やナプキンを肌質に合ったものを使用し、肌に刺激を与えず、清潔な状態を心掛けてみてください。デリケートゾーンの洗い方について詳しくは『デリケートゾーンの正しい洗い方で【かゆみ】【におい】の予防と対策』で確認してみてください。

かゆみを放置しておくと、どうなる?

かゆみを放っておくと爪でかいて傷つけてしまったり、また、傷がついた肌には雑菌が入りやすくなります。雑菌はかゆみだけではなく黒ずみや臭いの原因にもなるので、悪化する前に早めの対策を打ちましょう。症状が悪化することで深刻な問題に発展する事もあるので、なるべくムレない様な環境を整え、清潔にすることが大切。
かゆみはさまざまな病気の始まりです。かゆみをそのままにしておくのは、絶対にやめましょう。症状が酷くなったり、臭いも強くなって行きます。まだ軽い内に、すぐできる洗うケアから始めてみましょう。最初のサインを見逃して放置してしまうと、常習化して内臓疾患や不妊にもなりやすくなってしまいます。
※デリケートゾーンの黒ずみの原因と改善方法は『アソコが黒ずむのはどうして?黒ずみの原因と改善方法は?』をご覧ください

性感染症の疑いがあることも

我慢できないほどかゆかったり、デリケートゾーンにヒリヒリとした痛みを伴うかゆみには性感染症の疑いがあります。

カンジダ膣炎(腟カンジダ症)

細菌
女性の腟内にもともと存在しているカンジダという菌が増えすぎて発症する感染症です。デリケートゾーンにかゆみや痛みを伴います。カンジダは膣内だけに増殖するわけではありません。口腔カンジタ・皮膚カンジタ・膣カンジタと感染する体の部位によって呼び名があります。また、カンジタ菌の好物は糖類です。砂糖の多い食事を摂り続けるとカンジタ菌が腸内で増殖しますから控えましょう。増殖すると全身に悪影響を及ぼす菌となりますから、放置は厳禁です。

過労やストレスで免疫力が低下すると発症することがあり、男性の性器にカンジダが付着していると性行為のときに感染することがあります。ただし、膣内で増殖することが多いため、女性から男性への感染はほとんど無いと言われています。
カンジタについて詳しくは『カンジダに感染 臭いの原因と特徴 オリモノのにおいに変化!』で確認してみてください。また、ストレスが原因によるデリケートゾーンのかゆみについては『デリケートゾーンのかゆみの原因はストレスや疲れ?』で確認してみてください。

毛ジラミ症

性行為感染症である毛ジラミ症。毛ジラミは毛につくシラミのことで、これに刺されると皮膚は炎症を起こし、我慢できないほどのかゆみを生じます。
たとえ、デリケートーゾーンが清潔であってもセックスや入浴施設などで感染することがあります。
このようにデリケートゾーンのかゆみの中には病気を原因としているものもありますから注意が必要です。

かゆみは原因別に対処しよう!

我慢できないほどのかゆみや痛みは、今すぐ病院へ

カンジダ膣炎や毛ジラミはどちらも婦人科・泌尿器科や皮膚科で診察してもらうことができます。
毛ジラミなどは家族にも感染する可能性があるので、普通のかゆみではないと感じたら恥ずかしがらず医療機関で診てもらいましょう。動物やペットから感染する事もあります。

蒸れによるかゆみはデリケートゾーンの洗い方で解消

蒸れによるデリケートゾーンのかゆみを解消する為には、まず、雑菌が増えないように清潔に保つ事が重要です。ですが、かゆみによってかぶれや炎症・敏感になっているところを普通の石鹸やボディソープで洗うと更に悪化します。また、洗浄直後は肌の油分が失われているため、とても乾燥しやすい肌になっています。
例えば女性にとって「保湿を意識した洗顔は常識」ですが、これはデリケートゾーンにも同じ事が言えます。顔のスキンケア同様、デリケートゾーンにも専用の石鹸を使って洗うことが必要です。
デリケートゾーン専用の石鹸画像イメージ
デリケートゾーン専用石鹸は、敏感で繊細なデリケートゾーンをやさしく洗い上げるよう考慮した成分が配合されています。
ボディソープでは悪化してしまうかゆみも、デリケートゾーン専用石鹸を使えば安心。
一度症状がでると、何度も繰り返してしまう恐れがあることが、かゆみの特徴です。
すでにかゆみが起きてしまっている場合や、もう二度とかゆみを繰り返さない為にも、予防ケアの意識を持って日頃のスキンケアとして取り入れる必要があります。
デリケートゾーン 洗う
また、デリケートゾーン専用石鹸にはハーブを含む物が多くあります。たとえば保湿効果に優れているカミツレエキスやアロエエキスなどが含まれている石鹸は、石鹸そのものに保湿効果が期待できます。乾燥は肌トラブルの原因です。デリケートゾーをさまざまなトラブルから守る保湿成分を含んだ石鹸は、かゆみの効果はもちろんのこと、清潔で美しいデリケートゾーンへ導いてくれるといえます。
日頃からケアをすれば、生理中に起きやすい、かゆみでさえも防ぐことができます。顔には顔、デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うことがとても大切です。

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ