デリケートゾーンのかぶれの原因はさまざま

ナプキンの摩擦によるかぶれ

生理中にかぶれを体験している女性は多くいます。
デリケートゾーンは、もともととても敏感なところなので、ナプキンなどとの摩擦でも炎症を引き起こしてしまいます。
生理中はムレやすいために経血や汗で雑菌が繁殖し、それがかぶれの原因になることもあります。
特に肌が弱い人やアトピー性皮膚炎などアレルギー体質の人はかぶれやすいので注意が必要です。

>>デリケートゾーンの雑菌を予防するにはデリケートゾーン専用石鹸でケア

過労やストレスによるバリア機能の乱れ

バリア機能の乱れアレルギー体質ではない場合でも免疫機能が低下したりすることがあります。
それが過労とストレス
過労やストレスの蓄積は人体の持つ免疫力に大きな影響を与えると言われています。
ストレスは何も精神的なものばかりでなく、暴飲暴食や睡眠不足もまた体に負担を与え、免疫の働きを乱してしまいます。
免疫力が低下すると防御機能である肌バリアが弱まり、雑菌などが侵入してかぶれやすくなるので要注意。また、疲れていたりストレスがたまると甘い物が食べたくなるものですが、例え糖尿病ではなくても甘い物を食べ過ぎると尿から糖が出てしまうことがあります。
実は糖分は雑菌の格好のエサで、デリケートゾーンに付着するとやはりかぶれの原因になるため、食べ過ぎはほどほどにしましょう。

性病によるかぶれ

性病によるかぶれは性器ヘルペスの可能性があります。
この病気の主な原因は性行為です。
菌の潜伏期間が長い場合と短い場合があり、性行為を行った時期と発症の時期に差が出る場合があります。

デリケートゾーンのかぶれは優しくケア

肌に優しいタイプのナプキンを選ぶこと

ナプキンの摩擦で肌が炎症を起こしてしまうときには、吸収性が良いだけでなく、肌に優しい素材のナプキンや布ナプキンに変えるとかぶれにくくなります。
花
生理用のショーツはコットン素材がオススメです。
生理用のナプキンや生理用のサニタリーショーツは経血が漏れないように防水加工された布で作られていることがほとんどです。
これだとどうしてもムレやすくなってしまうため、せめてナプキンをあてる必要のない両サイドなどがコットンで作られているショーツを使うようにしましょう。また、タンポンを使うのも良い方法です。
肌に触れる部分が少ないため、かぶれにくいですし、ショーツが汚れにくいこともメリットです。

敏感なデリケートゾーンは専用の石鹸で優しく洗浄

洗う
かぶれがひどかったりなかなか症状が改善しない場合は迷わず病院で受診することおすすめします。
その結果、病気で無ければ不衛生によるかぶれであることが多いので、普段から正しくケアすることで改善する可能性があります。
その際にデリケートゾーン専用石鹸でケアすることがおすすめです。
特にジャムウ配合の石鹸は、患部を清潔に保ちまたにおいの改善にも効果があります。

>>おすすめのジャムウソープで優しく洗ってキレイにケア

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ