デリケートゾーンのかぶれの原因はさまざま

ナプキンの摩擦によるかぶれ

デリケートゾーンのかゆみの原因には、大きく分けて「かぶれ」と「感染症」の2つがあります。かぶれについては、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、生理中に体験している女性は多くいます。デリケートゾーンは、もともととても敏感なところなので、ナプキンなどとの摩擦でも炎症を引き起こしてしまいます。生理中は特にムレやすいために経血や汗で雑菌が繁殖し、それがかぶれの原因になることもあります。膣カンジダ?と思って、慌ててフェミニーナ軟膏やデリケアを買いに行ったという話はよく聞きますが、特に肌が弱い人やアトピー性皮膚炎などアレルギー体質の人はかぶれやすいので注意が必要です。

自宅で洗うだけでOK!専用石鹸支持率一位は>>

働く女子に多い?過労やストレスによるバリア機能の乱れ

バリア機能の乱れ

アレルギー体質ではない場合でも、過労とストレスで免疫機能が低下したりすることがあります。過労やストレスの蓄積は人体の持つ免疫力に大きな影響を与えると言われています。
ストレスは何も精神的なものばかりでなく、暴飲暴食や睡眠不足もまた体に負担を与え、免疫の働きを乱してしまいます。

免疫力が低下すると防御機能である肌バリアが弱まり、雑菌などが侵入してかぶれやすくなるので要注意。また、疲れていたりストレスがたまると甘い物が食べたくなるものですが、例え糖尿病ではなくても甘い物を食べ過ぎると尿から糖が出てしまうことがあります。
実は糖分は雑菌の格好のエサで、デリケートゾーンに付着するとやはりかぶれの原因になるため、食べ過ぎはほどほどにしましょう。

風邪の時や膀胱炎の時に処方される抗生物質も体内の良い細菌まで減らしてしまう為、細菌のバランスが乱れる原因となります。抗生物質を服用した後は、カンジダにも要注意です。

性病によるかぶれ

性病によるかぶれは性器ヘルペスの可能性があります。
この病気の主な原因は性行為です。
菌の潜伏期間が長い場合と短い場合があり、性行為を行った時期と発症の時期に差が出る場合があります。

デリケートゾーンのかぶれは優しくケア

肌に優しいタイプのナプキンを選ぶこと

ナプキンの摩擦で肌が炎症を起こしてしまう時には、吸収性が良いだけでなく肌に優しい素材のナプキンや布ナプキンに変えるとかぶれにくくなります。
花
生理用のショーツはコットン素材がオススメです。
生理用のナプキンや生理用のサニタリーショーツは、経血が漏れないように防水加工された布で作られていることがほとんどです。これだとどうしても通気性が悪くなりムレやすくなってしまう為、せめてナプキンをあてる必要のない両サイドなどがコットンで作られているショーツを使うようにしましょう。

また、タンポンを使うのも良い方法です。肌に触れる部分が少ない為、かぶれにくいですしショーツが汚れにくい事もメリットです。

敏感なデリケートゾーンは専用の石鹸で優しく洗浄

洗う
かぶれがひどかったりなかなか症状が改善しない場合は迷わず病院で受診する事をおすすめします。その結果、病気で無ければ不衛生によるかぶれであることが多いので、普段から正しくケアすることで改善する可能性があります。

その際にデリケートゾーン専用石鹸でケアすることがおすすめです。デリケートなゾーンの皮膚はとても薄くて乾燥しやすい為、洗う時もデリケートゾーンの専用ではない石鹸で洗わないように注意しましょう。かゆみや炎症の原因となります。
特にジャムウ配合の石鹸は、患部を清潔に保ち匂いの改善にも効果があります。

コスパ・消臭効果も一位☆のデリケートゾーン専用石鹸>>

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ