生理のにおいの原因

においの正体は経血ではなく雑菌

ナプキンの蒸れ生理のときにの出血は、月経の際に排出される血液という意味で「経血」と呼ばれています。
この経血の正体は子宮内膜(子宮の内側を覆っている粘膜)や膣と子宮からの分泌物、粘液などに酵素が混じったもの。赤い色をしているので経血が大量に排出していると出血量が多いと不安になることがあるかもしれませんが、経血に含まれる血液の量は10%程度と案外少ないのだから意外です。
経血は体の外へ排出されたばかりの時期にはにおいがほとんどしません。
ところがこれが空気にふれるとしだいに雑菌が増え、ナプキンの交換を長時間しなかったりデリケートゾーンを不衛生にしているとにおいが強くなっていっていきます。

デリケートゾーンはもともと湿り気を帯びていますが、特に夏場など高温多湿の時期になると雑菌はますます増殖しやすくなります。
ナプキンを交換しても3時間程度たつと雑菌が繁殖。
できるだけこまめな交換が必要になります。

ナプキンのCMで長時間つけていても大丈夫! などといったものもありますが、だからといって交換せずにいるとにおいが強くなるので注意してください。

>>デリケートゾーンのにおいのケアには肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸でケア

生理の臭いを解消しましょう。においの対処法とは

ナプキンを交換してにおいを解消

ナプキンの交換、これには二つの意味があります。
おりもの悩み
一つがナプキンのメーカーやブランドを変えるということ。
現在、生理用のナブキンはさまざまな種類が販売されており、においを抑える製品の開発も進んでいます。

新しい製品が出たら今まで使っていた物を一旦中断して試してみるのも良い手段です。これまでにない消臭効果が発揮されているかもしれません。
もう一つが生理時のナプキンそのものの交換です。
経血のついたナプキンをもともとムレやすいデリケートゾーンで放置しておくと雑菌があっという間に増えてしまいます。

生理のときにはできる限りナプキンはこまめに交換し、長時間つけっぱなしにするのはやめましょう。
最低3時間以内に1回は取り換えるのが目安で、ウォシュレットがついているトイレならビデは必須です。

下着は通気性の優れた物に変える

花デリケートゾーンが高温多湿であったり汗をかいた状態だと雑菌の温床になります。
ストッキングや締め付けの強いパンツをはいているときにはムレやすくなるので気を付けて!
生理時は体にぴったりとした服装を避け、下着との間に隙間があるなどゆとりのあるファッションを選ぶとにおいも抑えられることがあります。
また、下着は汗を吸収発散しやすいものがオススメです。

アンダーヘアを清潔にする

いくらナプキンを交換してもアンダーヘアにこびりついた経血までは綺麗にできません。
入浴時にはその日の経血の汚れはアンダーヘアも含めて綺麗に洗い落しましょう。
ただ、石鹸でボディソープだとデリケートゾーンを丁寧に洗浄するとアンダーヘアがゴワゴワになってしまうことがありますよね。
そんなときにはアンダーヘアのお手入れまでできるデリケートゾーン専用の石鹸を利用するとゴワゴワにならずにケアできます。

>>デリケートゾーンのにおいのケアには肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸でケア

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ