デリケートゾーンのケア 正しい洗い方って?

既に、デリケートゾーンのシートや消臭スプレー・美白クリームなどを使っている方もいるかもしれませんが、基本は正しい洗浄から。毎日洗っているのにデリケートゾーンが臭う、アソコががゆくなるという人は、実はデリケートゾーンの表面だけをこすっていて、しっかりと汚れを落とし切れていない可能性があります。洗い方にもポイントがあるんです。

女性の性器は複雑な構造をしています。
ただ表面だけを洗っていても綺麗にはなりません。
指を使ってヒダやアンダーヘアについた汚れをきちんと落として初めて清潔に保つことができます。
デリケートゾーン(アソコ)の洗い方

ところが、あまり意識をせず何となく表面だけを洗って済ましている女性も多いのではないでしょうか泡を流すときはぬるま湯を使うこと。
これは教えてくれる人がいないからという点も大きいのかもしれません。デリケートゾーンの洗い方を学校で教わったという方はほぼいないでしょうし、また とても大切なところなのに母親から洗い方を教わったという人もあまり聞きません。
デリケートゾーンのにおいの原因女性の性器は複雑な構造な為、非常に汚れやすくなっています。

でも殺菌作用や洗浄力の強い石鹸でよく洗えば良いという事ではありません。理想は、汚れはしっかり落としてくれてさっぱりすっきりするのに、うるおいはしっかり残してくれるもの。大切なのは自浄作用もきちんと守ることで、このバランスが保たれ怖い病気や性病の予防にも繋がるんです。特に女性の場合、産婦人科に行けばよいのか、皮膚科や泌尿器科なのか..など悩むものです。病院に通うのは恥ずかしいし高額になるし嫌ですよね。

デリケートゾーンを正しくケアする方法を知れば、あらゆるトラブルの原因は自分自身で大幅に抑えられます。基本となる正しい石鹸と洗い方で、セルフケアを始めよう!

 

デリケートゾーンのケア 基本お手入れ法

デリケートゾーンの洗浄には専用石鹸を使うこと

陰部のにおい対策用石鹸

女性のデリケートゾーンは粘膜は細菌の感染を防ぐために酸性に保たれており、非常に敏感なため普通の石鹸やボディソープだと洗浄力も刺激が強すぎアルカリ性に傾いてしまうこともあります。そうなると、元々備わっている自浄作用のバランスも壊してしまいます。

デリケートゾーンを洗う時には、専用の石鹸を使うのがベストでしょう。
石鹸は固形のものでも液状のものでもかまいませんが、ハーブ配合のジャムウソープなどデリケートゾーン専用の石鹸を使い、泡立てネットなどを使ってしっかり泡立ててから肌を洗うようにします。その泡で、基本的にデリケートゾーンは指を使って優しく丁寧に洗います。
これはスポンジでは女性の性器のヒダなどは綺麗に洗えなかったり傷つけてしまう怖れがあるためです。
洗ったあとはシャワーなどでしっかりと泡を落としてください。

ジャムウソープも多くのブランドがあり、どんな製品を選んだらいいか分からない方もいらっしゃると思います。中にはハーブである「ジャムウ」が、ほんの僅かしか配合されておらず殆ど変わらないという商品も・・・
そこで、ジャムウソープの各ブランドについて、臭いがどれくらい解消されるか実際に実験を行いました。

彼にも安心!選りすぐりのデリケートゾーン石鹸大集合ランキング☆』実験結果を詳しく発表しています!

さすが評判のジャムウソープ 人気の実力を証明

>>もう迷わなくて大丈夫!実験結果により1位となったデリケートゾーン石鹸はどれ?

 

デリケートゾーンを洗うときのポイントと注意点

毛深い方はまずアンダーヘアの処理を行う

陰毛が多い方の場合、デリケートゾーンが洗いにくかったり、洗い方が不十分になったりする可能性があります。汚れがこびりついたまま残ったり、臭いや湿気がこもりやすくなるため不衛生になりがちです。
そこでまずは適度な短さに陰毛をカットします。必要に応じて一部剃っても良いですが、デリケートゾーンを傷つけないように充分ご注意下さい。
なお、においの元を絶つ意味から言えば、定期的にヘアの量や長さを揃えておくことをおすすめします。
さて、デリケートゾーンの洗浄はアンダーヘアから始めていきます。軽く毛並みに逆らうように洗うと抜けやすい毛を処理することができます。

指を使って泡をスポンジ代わりに洗うこと

陰部を洗う
タオルなどは使わずに泡立てた泡をスポンジに見立て、指で顔を洗うように丁寧にデリケートゾーンをなでて洗浄します。
陰毛のあとは陰核、性器部分から肛門へ、という順番で洗っていきますが、難しく考えず「前から後ろへ洗ってゆく」と覚えておけば良いでしょう。恥垢は陰核の包皮部分、ヒダのところ(大陰唇と小陰唇の溝)に溜まりやすいです。しっかりキレイにしておきたいところですが、特に優しくソフトに傷つけないように汚れを落としていきましょう。

泡を流すときはぬるま湯を使うこと

デリケートゾーンケアは刺激に注意
熱いお湯だと刺激が強すぎてしまいますので、注意してください。
シャワーのお湯はぬるめの設定で、泡が残らないように綺麗にすすぎます。

膣の中までは洗わないこと

女性の膣には自ら酸性を保ち、善玉菌を育て悪玉菌を寄せ付けないという自浄作用があります。無理に膣の中まで洗ってしまうと膣内のpH環境が崩れ、雑菌に感染しやすくなるなど逆効果になります。もしも生理の終盤で「膣内をキレイにしたい」という方はビデやシャワーで軽く洗浄して下さい。その際にも指を入れて洗うことは避けましょう。

安心な優しく洗えるデリケートゾーン専用石鹸を見てみる>>

 

間違った洗い方で起こるデリケートゾーンのトラブル

刺激によるデリケートゾーンの黒ずみ

臭いが気になるからとデリケートゾーンをゴシゴシと強く洗っていると、デリケートゾーンの肌が刺激を受けて黒ずむ色素沈着を起こしてしまう事があります。
デリケートゾーンをごしごし洗うイメージ
肌の黒ずみの原因はメラニン色素によるもの。
メラニン色素はもともとは肌を守るための防御機能で、炎症や紫外線、物理的ダメージなどあらゆる刺激により増産されてしまいます。デリケートゾーンを含め、体を洗うときには強く皮膚をこすったりしないように気を付けましょう。

※デリケートゾーンの黒ずみの原因と改善方法は『アソコが黒ずむのはどうして?黒ずみの原因と改善方法は?』をご覧ください

不衛生による臭いやかゆみ

綺麗に洗えていないとヒダの部分など恥垢(ちこう)と呼ばれる垢、尿、また時にはトイレットペーパーがこびりついて汚れがたまり、それが臭いのもとになることもあります。

更に、脇と同様にアポクリン腺という汗腺がある大陰唇も放っておくと臭ってしまいます。これは「雑菌」が繁殖して臭いの原因を引き起こしています。アポクリン腺の分泌液には脂質やアンモニアが含まれるため、ケアを怠れば雑菌をどんどん繁殖させることに繋がるのです。デリケートゾーンは高温多湿で蒸れやすい特徴もありますので、かゆみの原因を引き起こすこともあります。

外陰部の雑菌の繁殖を防ぐ効果のあるデリケートゾーン専用石鹸の詳細を見てみる>>

 

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ