夏場は陰部のトラブルが特に増える時期でもあります。湿った空気がこもりやすく蒸れやすく、ニオイも気になります。また、デリケートゾーンの皮膚は汗腺が多いのが特徴です。その汗腺であるアポクリン腺やエクリン腺が多い部分なので、雑菌や皮脂が混ざる事で嫌なにおいが作られてしまいます。なるべく雑菌や皮脂を発生させないようにするには清潔に保つ必要があります。かゆみやニオイなどの原因を引き起こす“ムレ”を解消することで、夏場の生理を快適に過ごすことができます。トラブルの原因“ムレ”を解消させる対策方法をご紹介していきます。
通気性のよいナプキンやサニタリーショーツを着用する

通気性の良いナプキンやサニタリーショーツを着用する

ムレを和らげるには通気性を良くすることが1番です。通常のナプキンは吸収性に優れていますが、同時に汗や湿気を吸いやすいのが特徴でもあります。このナプキンを着用することで、ムレが起こる原因になってしまいます。更に陰部にあたる部分が二枚重ねになっているサニタリーショーツを着用すると、もっと通気性が悪くなります。

布製のナプキン、コットンのショーツなら通気性も良く肌にも優しいので、ムレによるかゆみに悩んでいる方におすすめです。特に夏場は、生理期間だけでも通気性の良い素材の生理グッズを身に付ける様にしましょう。1日を通して、デリケートゾーンが何も覆われていない時というのは、お風呂の時ぐらいですね。そう考えると下着選びも重要になってきます。

細身のパンツ、ストッキングの着用を控える

生理中は細身のパンツやストッキングの着用は避ける事をオススメします。夏場でもストッキングを履く方は特に注意が必要です。お腹まですっぽり覆ったストッキングではなく、ソックスタイプに切り替えるとムレが緩和されます。また細身のパンツもストッキングと同様です。タイトであればあるほど空気の隙間が無く湿気がこもり、ムレを感じやすくなります。ゆとりのあるパンツやスカートを着用すると、風通しが良くなり、陰部のムレを防いでくれます。そして、ナプキンをはじめとする生理用品の素材や素材の選択も重要になります。

ムレてしまったあとは、アフターケアをする

「生理中の布ナプキンは怖いかも・・・」「仕事上ストッキングの着用はやめられない・・・」など、難しいと思う方が多いかもしれません。
デリケートゾーン専用の石鹸で陰部を洗うイメージ
そんな方は、入浴の際にデリケートゾーン専用の石鹸で陰部を洗う事をオススメします。洗うだけなので簡単にできますよね!ムレを感じた陰部は、かゆみやニオイなどのトラブルを起こしやすくなっています。自宅に帰ったら、湿気に含まれた雑菌をきちんと落とし、陰部を清潔に洗う事が大切です。毎日お風呂に入っているから大丈夫!と思いがちですが、実は洗い過ぎや肌に合わないボディーソープが原因で陰部の不快感から逃れられない!という方が多いのです。大切なのは通気性とその前後の正しいケアです。ムレを防ぐ事ができれば、トラブル知らず!生理中も快適に過ごす事ができます。

女子なら陰部専用の石鹸を使って、正しくアフターケアを!>>

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ