生理の臭いが気になるけど、ケア方法がわからない

じつは全体の約9割の女性が生理中のにおいを気にしている
陰部のわきがではないか?と匂いを気にしている方は非常に多いのですが、実際にきちんとケアをしている人は少ないのが現状です。生理前にはホルモンの影響で皮脂腺の分泌が盛んになり、皮脂が酸化し脂っぽいニオイが強くなります。また生理の時の月経血が酸化腐敗し、デリケートゾーンのニオイが強くなることもあります。

  • 「少しにおうけど、まぁ生理だから仕方ない。」
  • 「恥ずかしくて、誰にも相談できない・・・」
  • 「正しいケアの仕方が分からない。」

デリケートな問題は、できれば誰にも知られず、自宅で簡単にケアができたら嬉しいですよね。そんな方にこそ、試していただきたいお手軽なケアがあります。
今まで気になっていた悩みがきっと解決すると思いますよ。

生理がにおう原因は経血ではない!?

正しいケア方法を知る前に、においの原因について少しご説明します。
生理の時の出血の事を経血と言います。ほとんどの人がこの経血からニオイが出ていると思いがちですが、実は体の中から排出されたばかりの経血はほとんどが無臭なのです。
生理はどうしてにおうの?

じゃあどうして、におうの?

経血が排出され、空気に触れると徐々に酸化が始まり、においが発生するのです。更に経血のついたナプキンから雑菌が繁殖し、より強くにおう原因となってしまいます。ナプキンを長時間つけたままにしていると、蒸れてきますよね。雑菌は高温多湿な場所を好みます。紙ナプキンに使われる高分子ポリマー(合成化学物質)などのケミカル素材も、通気性を閉じ込め蒸れやすくするのです。体の中でもデリケートゾーンは湿り気を帯びやすい場所の為、雑菌が繁殖=においの原因になることが、ひとつの理由として考えられます。
生理の臭いの原因について詳しくは『生理のにおいの原因は経血ではなく雑菌?臭いの解消法とは?』をご覧ください。

においを防ぐためには?

生理になった際、ナプキンをこまめに交換していますか?仕事中はなかなか交換できず、吸収性に優れたナプキンを長時間つけている方も多いですよね。難しいかもしれませんが、ナプキンを交換するだけでも匂いの対策にはなりますし、デリケートゾーンへの負担も減らすことができます。布ナプキンでも同じです。

また、アンダーへアとデリケートゾーンを清潔にすることも重要です。入浴時に、通常のボディソープでデリケートゾーンを洗う方が多いと思いますが、これが悪循環を招く事になるのです。ボディソープには、洗い上がりのしっとり感を出すため低品質な油分を添加している事が多いのです。デリケートゾーンのニキビや吹き出物などの原因も、ボディソープによる洗い過ぎからできている可能性が高いのです。髪の毛はシャンプーで洗うのに、アンダーヘアはボディソープで大丈夫でしょうか。デリケートゾーンは体の中で、最も敏感で清潔に保ちたい部分です。きちんと専用のソープで洗ってあげるのが、“嫌なにおい”を防ぐ一番手軽で確実な方法です。

>>愛されボディへ変身!デリケートゾーン専用石鹸>>

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ