ワキガは軽度なら切らなくてもいい?手術しない治療法

軽度のワキガの治療法

軽度のワキガの治療法

ボトックス注射

ボトックス注射は汗を抑える働きがある、ボツリヌストキシンという成分をワキの下に注入する治療法です。ワキガの元となるアポクリン汗腺から汗を分泌させなければ、強いにおいも発生しません。ボトックス注射で治療すると、強いにおいを抑えることができますが、効果は3か月から半年ほどです。個人差もありますが、長くても1年ぐらいだと言われています。手術するほどではない、症状が軽度の方に向いている治療法になります。

レーザー治療

ワキガ治療のレーザーは、においを引き起こすアポクリン汗腺の入り口(毛穴)にレーザーを当て、一時的に焼き塞ぐ方法です。毛穴を焼き塞ぐのでにおいを軽減することはできますが、あくまでも一部を破壊するだけなので、再発する可能性もあります。軽い症状で、時間をあまりかけたくない方に向いている治療になります。

電気凝固法

電気凝固法とは、ワキの毛根に電気針を指し、そこから電流を流してアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激して治療する方法です。この治療法は何度も繰り返し行い、同時に脱毛を一緒に行うこともできます。汗腺だけではなく、毛も処理することで汗の付着を抑え、雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。この電気凝固法も症状が軽い方に適した治療法です。

軽度のワキガは手術しなくても治る

時間や費用、手間をかけない治療法

軽度のワキガは手術せずに治療することができます。ワキガには様々な方法があるので、医療機関での治療に限らず、自宅で対策する場合もご自身の症状にあった方法で行うといいでしょう。また、「ちょっと臭っているかも?」「もしかしたらワキガかもしれない」など、まだはっきりわからない場合は、自宅での対策で十分な場合もあります。自己判断は危険ですが、ツンとした強いにおいがしない、病院でワキガと診断されないときは、消臭成分の入った石鹸や制汗スプレーなどのデオドランド剤で対策するのも一つの手段です。

おすすめ特集

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ