生理中にデリケートゾーンがかぶれてしまう人の共通した原因とは?

生理中のかぶれに悩む人は多い

約8割の人がかぶれを経験している

生理中、デリケートゾーンがかぶれてしまったことはありませんか?普段は大丈夫でも生理中にかぶれが起きてしまうという方は非常に多く、約8割の女性が生理中にかぶれの経験があるようです。かぶれは、かゆみが慢性的になると起きやすくなります。また、かぶれた状態が悪化すると肌が腫れたり、ただれてしまうこともあります。このような状態を繰りかえしてしまう方には、生活習慣や体質的な問題があります。

生理中にデリケートゾーンがかぶれやすい人の共通点

敏感肌やアトピー体質である

敏感肌やアトピー体質である
顔が敏感肌だと感じる人やアトピー体質な人は、生理中のデリケートゾーンもかぶれを起こしやすいと言われています。“部位が変われば、肌質が変わる”という事は考えにくいです。このように肌が弱く敏感な方は、症状が慢性化しやすいので特に注意が必要です。

疲れやストレスがある

疲れや強いストレスがあると免疫力が低下します。免疫力が低下すると肌の調子も悪くなるため、デリケートゾーンもかぶれやすくなってしまいます。また、同時に治すことも難しくなってしまうので、疲れやストレスは溜め込まないようにすることもポイントです。

大きいナプキンを着用している

大きい長時間用のナプキンは漏れを防ぐために、お尻を覆うように作られています。ナプキンに覆われたお尻は通気性が悪くなり、デリケートゾーンだけではなく、肛門やお尻がかぶれしまうこともあります。さらに、吸収性に優れたナプキンを使っていると交換の回数が減る傾向があります。同じナプキンを使い続ければ、不衛生な状態を放置していることになります。かぶれを起こさない為に大きすぎるナプキンは就寝時だけにするなど、用途に合わせて使うようにしましょう。

長時間座っていることが多い

長時間座っていることが多いのイメージ
デスクワークなどで長時間座っていることが多い方もかぶれを引き起こす傾向にあります。座ったままの状態はデリケートゾーンに空気を通しにくいため、ムレを感じやすくなります。デリケートゾーンがムレた状態が続くとかぶれの原因になるので、こまめに動いたり、生理中はスカートを着用するなどの対策が必要です。

生理中のデリケートゾーンのかぶれを予防する方法については『生理中のデリケートゾーンのかぶれを予防する方法5つの習慣』をご覧ください。

おすすめ特集

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ