「「首元に年齢がでる」30代から始める“デコルテのエイジングケア”」

美しいデコルテを保つためのエイジングケア

デコルテは皮膚が薄く、顔より老化が出やすいパーツです。「手を見れば年齢がわかる」と言われているように「首元にも年齢は出る」のです。顔のケアだけでは十分と言えません。デコルテを見ればその人の美意識が一目でわかってしまうほど、差が出やすい部位。大人の女性はデコルテのケアが必要なんです。

美しいデコルテを保つためのエイジングケア

リンパマッサージをする

頭を支えているデコルテは血流が悪くなりがちです。成人の頭の重さは、体重の約10%です。体重が50kgの人なら頭は約5kgということになります。首元は常に、この重さを支えているので、かなりの負担がかかることに。デコルテに老廃物が溜まっていると、むくみや顔色が悪くなる原因にもなります。入浴時にオイルなどで左右の鎖骨をなでるようにリンパマッサージをすると、鎖骨がきちんと出た美しいデコルテになります。また、耳から鎖骨まで、老廃物を流すようにさするとより効果的です。

UVケアをする

老化の大きな原因は紫外線です。顔と同じように日焼け対策をしっかりしないと、あっという間に“年齢以上の首”になってしまいます。紫外線は老化のもとということを覚えておきましょう。夏場は汗をかく上に、首元の開いた服装が増えることから、日中もこまめに塗り直すことをおすすめします。

ニキビ・吹き出物の対策をする

デコルテは皮膚が薄く繊細なため、ニキビや吹き出物ができると跡になってしまうことがあります。体のニキビと同じように、デコルテのニキビは治りにくいのが特徴です。できてしまってから対応するのではなく、あらかじめ予防しておくことがケアのポイントとなります。入浴時には、ナイロンタオルやボディブラシは避け、肌に優しい綿のタオや手を使って洗うようにしましょう。また、普段からボディーソープなどの洗浄剤はきちんと洗い流すこともニキビを作らないポイントです。

毎日スキンケアをする

毎日スキンケアをする
デコルテも顔と同じタイミングでスキンケアをしましょう。スキンケア剤は顔と同じでかまいません。朝と晩、デコルテの広範囲に化粧水などを手で優しく広げ、ケアをしましょう。毎日継続することでハリやツヤが出てきます。

パックをする

週に1回、デコルテのパックをすると、より効果的です。パックは入浴前に行うと効果が出ます。まず、デコルテに美容成分をのせ、ラップをかけて密着させます。さらにその上から蒸しタオルを10分ほどのせ、温めます。蒸しタオルは濡らしたタオルをレンジで温める方法で簡単に作ることができます。温めの際は火傷しないよう、数十秒単位で様子を見るようにしましょう。気持ちの良い温かさぐらいを目安にすると血行がよくなり、肌も美しくなります。

他にも老化するパーツがある!?

大人の女性は陰部も老化する?

デコルテのエイジングケアをご紹介しましたが、大人の女性、特に30代以降になると様々な体のパーツが少しずつ老化してきます。なかでも代表的なのがデリケートゾーンです。陰部の老化は見た目だけではなく、膣のゆるみや「臭う」といった症状も出てきます。年齢を重ねれば誰しもが起こりうる現象です。早め早めの対策が10年、20年後、差を生み出します。

おすすめ特集

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ