トイレでゴシゴシは危険!?デリケートゾーンの正しいケア

トイレでゴシゴシは危険!?デリケートゾーンの正しいケア

デリケートゾーンの正しいケアをご存知でしょうか?
間違ったケアを繰り返すとかえって傷んでしまい、トラブルの原因にもなります。

ですが、デリケートゾーンのケアって忙しい女性にとってはなかなか難しいこと。

簡単で今すぐ始められる対策方法と共に、絶対に避けてほしい習慣もご紹介していきます。
普段の自分を思い浮かべながら、チェックしてみましょう。

1 ゴシゴシ厳禁!トイレではポンポン

トイレに行くたびにゴシゴシとトイレットペーパーで拭いていませんか?
じつはこれ、デリケートゾーンにとっては痛めつけているのと同じなんです。
トイレットペーパーで拭くだけでも摩擦が起きます。
この行為を何度も繰り返すとデリケートゾーンは、どんどん傷んでしまいます。
ペーパーで拭く際は、軽くポンポンと押さえるだけで十分なんです。
ゴシゴシ拭いていた方は今すぐやめましょう。

2 “サイズが合わない下着”の着用

サイズが合わない下着はデリケートゾーンを締め付けているのと同じです。
特にショーツに関してはブラと違ってサイズを意識する方が少ないように感じます。
お腹や足回りなど「ゴムがキツイ」と感じる下着の着用は避け、自分に合ったサイズを身につけるようにしましょう。
また、直接肌に触れるため、優しい素材のものを選ぶとより負担が減ります。
おすすめの素材はコットン、綿です。
普段身につける下着はなるべく、優しい素材でサイズのあったものを身につけましょう。

トイレでゴシゴシは危険!?デリケートゾーンの正しいケア

3 においの原因“洗いすぎ”に注意

汚れを落とそうと、たくさんのボディソープをつけて洗っていませんか?
デリケートゾーンは顔と同じように、石鹸を分けることが好ましいです。
石鹸を選ぶ時の注意点としては、香り重視のものではなく、成分に考慮した低刺激な石鹸を選ぶようにしましょう。
また、タオルを使って洗うことも避けたほうが効果的です。
繊細な皮膚を傷つけない為にも、低刺激な石鹸を使い、指の腹で優しく洗いましょう。

いかかでしたか?
デリケートゾーンのケアは決して難しいものではありません。
敷居が高いようにも感じる方もいるかと思いますが、一歩踏み出すだけでトラブルや悩みを改善することができます。

私たちが思っている以上にデリケートゾーンは繊細なパーツ。
いつまでも美しくあるために、ケアが欠かせないパーツなのです。

少しでも参考になるよう、こちらにデリケートゾーンの石鹸のサイトを載せておきます。
たくさん比較してあなたにぴったりのケアを始めてみましょう。

>>すぐに始められる簡単なデリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

おすすめ特集

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」