デリケートゾーンのにおいの原因

多くの女性がデリケートゾーンで悩んでいる!

ユニ・チャーム株式会社の「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査(*)によれば「デリケートゾーンに悩みを持つ女性」はなんと9割超にのぼることが判明しました。
特に、気になる内容の上位にランクインしたのが「におい」(69.0%)。
なお、同調査では94.7%の方が「デリケートゾーンのケア」に関心があるにも関わらず「周囲に相談できた方」はわずかに21%程度という事実も判明しています。
つまり「多くの方がデリケートゾーンににおいなどの悩みを抱えているにも関わらず、誰にも相談できない」という辛い実態が浮き彫りになったのです。

ここからは「においの原因」を詳しく知って、適切な対策をはじめることにしましょう。

(*=http://www.unicharm.co.jp/company/news/2014/1195337_3930.htmlより
回答者数:約14,000人 対象:10代から40代女性
期間:平成26年1月29日~平成26年2月10日
調査方法:WEBアンケートによる調査)

デリケートゾーンはなぜにおうの?

デリケートゾーンがにおう主な原因としては「性感染症」「すそわきが」「不衛生」の3つが考えられます。病気のサインとなっており婦人科への受診が望ましいケースもあれば、適切なケアをおこなっていくことで改善を目指すことが期待できるケースもあります。
以下、デリケートゾーンのにおいの原因と、ジャムウソープで解決できるにおいの種類や体験談を集めてみました。何をやっても改善されないという方はすそわきがである可能性もあります。

臭いの原因その1:性感染症

デリケートゾーンに強いにおいとかゆみがあり、おりものの量や色が普段と違う場合には性感染症の疑いがあります。おりものは通常、透明もしくは少し白みがかった色をしています。においについては本来あまりないのですが、体調やホルモンバランスによって酸っぱいにおいを放つことはあります。これが緑色や黄色などに変わってきたとき、あるいは強烈な臭気を放つようであれば性感染症の可能性があるわけです。
おりものに異常が見られる場合は婦人科を受診しましょう。
クラミジアについて詳しくは『クラミジア感染症の原因と症状 おりものの変化と匂いの特徴』で確認してみてください。
トリコモナス膣炎について詳しくは『トリコモナス膣炎の症状 おりものの色や臭いの特徴は?』で確認してみてください。

また、デリケートゾーンのかゆみが酷い場合には婦人科のほか、皮膚科などで診察を受けましょう。
デリケートゾーンのかゆみの原因について詳しくは『デリケートゾーンのかゆみの原因は?』で確認してみてください。

性交渉

においの原因その2:すそわきが

ワキのにおいが強いことをワキガと呼びますが、これはアポクリン線から出る汗を好む菌が原因です。
アポクリン線の量には個人差があり、数が多い人ほどワキガ体質になりやすいと言えます。
そしてこのアポクリン線がワキでなくデリケートゾーンに多い場合がすそわきがです。
スソワキガは男性よりも女性に多いと言われていますが、実際はすそわきがとは別の原因でデリケートゾーンが臭っているのに、自分はスソワキガだと思い込んでいる人もいるので注意してください。
【すそわきがの臭い】について詳しくは『意外と多い!【すそわきが】彼は気づいている陰部のにおい』で確認してみてください。

また、デリケートゾーンの臭いに悩むあまり、皮膚の薄いデリケートゾーンを「洗浄力の強過ぎる石鹸」などでゴシゴシと洗うことは逆効果です。
人間の体の中には、【善玉菌】と【悪玉菌】があり、膣の中には【デーデルライン桿菌】という善玉菌が常在し膣内を酸性に保ち悪玉菌から守ってくれる重要な役割を果たしています。
デリケートゾーンをゴシゴシ過剰に洗ってしまうと、この善玉菌まで洗い流してしまい自浄作用が損なわれ、より強い細菌を繁殖を促すため、デリケートゾーンの臭いの原因や膣内の炎症や病気のきっかけを作ってしまう可能性があるからです。
デリケートゾーンの洗い方について詳しくは『デリケートゾーンの正しい洗い方で【かゆみ】【におい】の予防と対策』で確認してみてください。

デリケートゾーンの臭いに悩んでいる人は、ソフトで低刺激な洗い上げが期待できるデリケートゾーン専用石鹸の使用に多くのメリットが期待できます。
実際の口コミでも「臭いが気になる、汗のかきやすい時期に重宝している」「誰にも言えなかった悩みにしっかり効いている気がする」「においが気にならなくなった」という意見が目立ちます。

ジャムウソープも多くのブランドがありどんな製品を選んだらいいかわからないかたもいらっしゃると思います。
ジャムウソープの各ブランドについて、臭いがどれくらい解消されるか実験を行いましたので詳しい情報は『デリケートゾーン石鹸No,1を口コミと実験で比較』からご覧ください。

>>気になるすそわきがのにおいケアは正しい石鹸で対策を

においの原因その3:不衛生

生理のときに長時間ナプキンを替えられなかったり、高温多湿でムレていたりすると、デリケートゾーンが不衛生になって臭いを発しやすくなります。
ナプキンの蒸れるイメージ
また、陰部のひだに垢がたまっていてにおいを発生させていることがあるので確認してみましょう。歯につく垢を「歯垢」と言うように、陰部の垢は「恥垢」と呼ばれています。

恥垢の色やかたちなどもまた歯垢に似ており、チーズのような異臭を放つことがあります。
特に性器の溝などに溜まった恥垢はシャワーをかけたくらいでは落ちてくれません。なお恥垢は、新陳代謝の活発な若い女性などでは溜まりやすく、それ自体が異常と言うことは全くありませんのでご安心下さい。
さて、デリケートゾーンに優しい【デリケートゾーン専用石鹸】なら、強い洗浄力によるダメージなしに「恥垢」を洗い上げてくれます。口コミでも「生理時の臭いから解放された」「マイルドな使用感で敏感肌でも使える♪」「確かな消臭効果を感じる」と評判は上々です。
大切なのは「デリケートゾーンの入念なケアを怠らないようにすること」女性の悩みにアプローチする自分にあった「ジャムウソープ」で、においの無い健やかなデリケートゾーンを目指しましょう!

デリケートゾーン専用石鹸の選び方や口コミについて詳しくは『【悩みを解決する石鹸】ジャムウソープとは?効果と口コミを調査』で確認してみてください。

自分の性器を見たことがないという女性は意外と多いものですが、ときどき確認してケアを怠らないようにしましょう。
効果的な対処法の1つは「デリケートゾーン専用石鹸」を使い低刺激でしっかり洗い上げ、恥垢を溜めないように清潔にしておくことです。

>>気になるすそわきがのにおいケアは正しい石鹸で対策を

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ