重症化させない為にトリコモナス膣炎について知ろう

【トリコモナス腟炎】とはどんな病気?

トリコモナスとは、肉眼では見えない微生物の一種である原虫の事です。そのトリコモナスが寄生して起こる病気がトリコモナス膣炎(腟トリコモナス症)です。トリコモナス膣炎は「膣炎の原因の10%前後を占める」とも言われている為、決して珍しい病気ではありません。浴槽・下着・タオル・便器などに触れる機会があれば、感染する可能性があります。

以前と比べると現在は、衛生面はだいぶ改善されていますが、それでも性活動が盛んである若者をはじめ、中高年層でも男女問わず感染者が見られ年齢層が非常に幅広い点が特徴です。また、性行為以外の感染経路がある事が知られており、性交経験のない女性や幼児にも感染者がみられます。感染から症状が現れるまでの潜伏期間は、10日前後といわれています。緑色や黄色の生臭い匂いのある分泌物が大量にみられ、かゆみを伴うことがあります。
トリコモナス膣炎の概要を説明
排尿によってトリコモナスが排出されやすい男性に比べ、女性は生殖器の構造により、そのまま放っておくと重症化する恐れがあります。特に女性の場合トリコモナス膣炎は自然治癒することはありません。トリコモナス膣炎をそのまま放置するとどんどん進行し、生殖器の炎症が酷くなる事があります。トリコモナスの治療には、膣の中に直接入れる薬が多く使用されます。

また、妊婦さんがトリコモナス膣炎に感染してしまうと流産を引き起こすリスクが高まります。トリコモナスが増殖すると、赤ちゃんにさまざまな影響を与えてしまう可能性があるので完治させることが重要です。

トリコモナス膣炎の感染の原因と感染経路

トリコモナス膣炎の主な原因は性行為です。
基本の感染経路はセックスになりますが、不特定多数の人が集まる水場からも感染することがあります。トリコモナスは乾燥にとても弱いという一面を持っており、日光に長時間晒したり乾燥機にかけられると死滅します。一方で水分があると強い感染力を発揮するので、浴槽や浴室のイス、トイレの便座シートなどには充分注意をしてください。使用済みの濡れたままのタオルをそのまま放置する事はやめましょう。

トリコモナスが発症するとおきる症状

女性のトリコモナス膣炎の症状

女性がトリコモナス膣炎を患うと、外陰部に強いかゆみが起こります。また、黄色いおりものの量が増えたり、ときには泡状になって悪臭を放つこともあります。
トリコモナス膣炎の完成経路について説明
膣内の環境が悪くなると、自浄作用が失われ、さまざまな細菌が増殖しやすい状態になります。細菌が増殖すれば、他の病気を併発してしまう可能性もあります。また悪化すると、子宮→卵管と病原菌が移動し、卵管炎などを起こすと不妊の原因にもなります。重症化しない為にも、おりものの色や臭いに変化が見られた場合にはすぐに婦人科を受診しましょう。

男性のトリコモナス膣炎の症状

男性の場合は、ほとんどの場合が無症状(90%以上)ですが、まれに尿道炎を引き起こします。症状の出ない人でもトリコモナスは前立腺などに潜伏すると考えられます。男性の場合、症状が弱いこともありあまり問題視されていませんが、少しでも身体に変化がある場合は医療機関を受診しましょう。トリコモナス症の症状については下記サイトを参考にしています。

膣炎・子宮頸管炎・尿道炎
悪臭を伴う、黄白色の泡沫状の帯下
性交・排尿時の不快感、掻痒感、灼熱感
下腹部の痛み
通常は10日ほど潜伏期を経てこれらの症状が現れる。なお続発症としてヒト免疫不全ウイルス(HIV)への感染や未熟児の出産が増加するという指摘がある。
男性の場合にはたいてい無症状だが、ときどき尿道にかゆみを感じたり、排尿・射精時に軽い痛みを感じたりする人もいる。
引用元:トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎の治療方法は?

まずは病院にて、検査をおこないます。男性では尿道の膿、女性では膣の膿を検査し、トリコモナス(感染原因である微生物の原虫)の有無を調べます。感染の疑いがある日(性交をした日など)から、10日ほどで症状が出てきますが、検査自体は「感染の疑いがある日から3日前後経過」していれば可能です。

感染が確認されましたら、経口薬や膣剤の投薬でトリコモナス原虫を排除することから治療がスタートします。原虫を排除することで腟内の自浄作用も復活し、増殖していた雑菌は自然と死滅されてさまざまな症状が緩和されるでしょう。ただ一点注意が必要なのがアルコールの摂取です。トリコモナスの経口薬にはアルコールの分解阻害作用があるため、治療中の飲酒はタブーです。治療中に万一アルコールを摂取してしまうと、体調を崩したりアルコール中毒症状が現れることもあります。

潜伏期間は6ヶ月以内と幅があります。これは発症しないまま半年経過するというケースもあり潜伏期間について特定する事は難しい部分もあります。感染していても症状が出ない人が20~50%と言われるトリコモナス膣炎。従って、特徴的な症状がなくても感染の心配がある場合は、検査をしましょう。例え症状が現れていなかったとしても、パートナーがトリコモナスにかかっている場合は感染の疑いがあるので検査を受けましょう。
性交渉
どんな性感染症でもそうですが、トリコモナス膣炎の場合も、疑いがあると感じたときには性交渉をした相手と一緒に医療機関を訪れるのがベストです。検査や治療を同時に行うことで周囲への感染リスクも最低限に抑えられます。トリコモナス膣炎は主に性交渉で感染します。そのため、コンドームなどを使用するセーフセックスを心がけましょう。

やっぱり普段からのケアが大切!>>

トリコモナス症の概要については下記サイトを参考にしています。

病原体は原生生物の膣トリコモナス(Trichomonas vaginalis・チツホネマクムシ)である。基本的には尿生殖路の感染症であり、最も多い感染部位は女性の尿道および膣である。感染は粘膜に留まり組織侵入性はない。男性の場合は排尿によって原虫が排除されてしまうことも多い。
この原虫はシストを生じず接触によって感染する。したがって、性交によってあたかも男性が媒介者のような役割を果たす、性感染症と考えられる。しかし必ずしも性行為を伴うわけではなく、下着やタオル、便座あるいは風呂をまたぐ際や、出産時に母から感染する可能性もある。日本では一般的に高温であるため問題ないと思われるが、共同浴場で感染する危険性も皆無ではない。
引用元:トリコモナス膣炎

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーンの病気

デリケーゾーンやおりものから強いにおいがしたときには、性感染症や病気の可能性が考えられます。子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染症もそれぞれにおいに特徴があるため症状と共に比べてみてください。性感染症は無自覚な場合も多い病気です。まずは疑ってみることから始めましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ