男性も発症する淋病は感染予防が大切

淋病は膣や子宮が炎症を起こすため、陰部やおりものから強い臭いがします。淋病は特に20歳代に感染者が多く、感染力が強く一度の性行為で感染する確率はおよそ30%とされています。
また、淋菌に汚染されたタオルや入浴施設などで他者に感染することも稀にあります。もし強い臭いを感じたらすぐに医師の診断を受けてください。病気の疑いが晴れても陰部やおりものが臭う場合には、デリケートゾーン専用の石鹸などで常に清潔にして、淋病にうつらないように細心の注意を払いましょう。

淋病とは…

淋病(淋菌感染症)は、淋菌という菌の感染で起こる病気で、男性では尿道炎、女性では子宮頸管炎を発症します。
放っておくと体内で感染が広がり、男性は精巣上体炎、女性は卵管炎や腹膜炎などを引き起こすので注意が必要です。

オーラルセックスによる喉(咽頭)への感染も多く見られ、淋病の男女のうちおよそ30%は喉から淋菌が検出されたという例もあるほどですが、この場合は性器と違って症状が出ない場合が殆どです。
しかも喉への感染の方が性器に感染した場合に比べて完治には時間がかかる為、治療せず自覚症状の無いままに人にうつしてしまうケースも見受けられます。

淋病の原因

淋病の原因は性交渉
原因の多くは性行為やオーラルセックスによって淋菌に感染することが原因です。約30%と感染力が他の性病よりも高く、クラミジアと同じように喉にも感染する事から、オーラルセックスであってもコンドームを着けるなど予防が必要です。

もともとは強くはない菌なので性行為以外での感染は殆ど見られませんが、家族に菌がうつったというケースの報告もあるので、バスタオルの使いまわしなどには気を付けなければなりません。

また、淋菌に感染した母体から生まれた赤ん坊は、産道を通る時に母子感染を起こす事が知られています。生れてから2~3日後に淋菌性結膜炎を起こし、放っておくと結膜炎や角膜潰瘍などへと進行してしまう事もあります。

淋病の臭いやおりものの変化

淋病にかかると膣や子宮が炎症を起こし、陰部やおりものから強い臭いが感じられます。
症状はおりものの増加や、軽度な不正出血のみで痛みは殆どない為、気付かない方も多いです。一方、オーラルセックスなどによる喉への淋菌感染では特に症状が見られないので、こちらも注意が必要です。男性/女性に限らず、どちらかが淋菌に感染した場合は、そのパートナーも検査を受けて、たとえ無症状であっても適切な治療を受けることが必要です。治療期間は性交渉を避けることが望ましいです。

強い臭いのするおりものが出た場合は淋病の疑い

淋病に臭いやおりものの変化
淋病は基本的に、投薬治療で完治させることができます。
ただし、淋病の中にはその原因が薬剤耐性淋菌による場合もある為、その場合は完治までに時間が掛かる事もあります。

薬剤耐性淋菌は、以前効果のあったペニシリンGや経口第三世代セファロスポリン剤(セフィキシム)などに耐性を持った変異株で、使える抗生物質も限られる為、治療の選択肢が狭められてしまいます。

また、この耐性菌の問題もあって、淋病は再感染に細心の注意が必要な病気です。陰部やおりものから臭いが感じられた場合には、膣や子宮が炎症を起こしている可能性も考えられるので、医師のもとで診断を受けましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ