20代~30代に多く発症する子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症とは…

子宮内膜症は20代~30代の女性に多く見られる婦人科系の病気です。
では具体的にどういった病気なのでしょうか?
生理の際の経血は、妊娠不成立の際に必要なくなった子宮内膜の「分泌層」が体からはがれて子宮の外に排出されたもの。ところがこの経血の一部が卵管を通じて腹腔へと逆流することがあると、子宮内膜と似た組織が子宮以外の場所で作られ、広がってしまう場合があります。この組織は通常の月経と同様に細胞から血液を排出するのですが、子宮以外の場所ではその排出口がないため、中でどんどん溜まり続け、次第に痛みを感じるようになります。
これが子宮内膜症の正体です。
子宮内膜症自体は悪性ではありませんが、卵巣のようなところに子宮内膜と同様の組織が作られる「卵巣がん」に変化する可能性も指摘されています。

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因イメージミリオンセラーを連発していた女性歌手がこの病気を患っていたこともあり、名前だけは知っている方も多かもしれません。
若い世代を中心に子宮内膜症が増えているとの声を多く聞くようになりましたが、しかし、この病気を引き起こす原因は現在のところ完全には解明されていないのが現状です。
子宮内膜症の発生原因とされているものでは、子宮内膜の子宮以外の場所への移植、腹膜が子宮内膜へ変化する体腔上皮生、また、アレルギーのためではないかという説も聞かれます。

子宮内膜症の臭いやおりものの変化

子宮内膜症を発症すると、白や黄色のおりものが多く出るケースが見られます。
もともとおりものには酸味のある臭いがするものですが、子宮内膜症のときに特にその臭いが強くなったり、悪臭がするという報告はあまり見られません。
白いおりものが出る原因について詳しくは『白いおりものは異常?病気?放っておいて大丈夫?』で確認してみてください。

子宮内膜症は激痛を伴います。早めの受診をおすすめします

生理のとき、女性はどんな方でも多少なり痛みを感じることがありますが、生理痛と子宮内膜症の痛みはすぐに違いがわかります。

子宮内膜症で起こる痛みは生理痛のものよりもずっと強く、進行した場合には市販の鎮痛薬では治まらないほど酷くなります。
生理痛だと思っていても、その痛みが耐え難く、学校や仕事を休んだり、通常の生活を送れないほどであれば、それは子宮内膜症の可能性が高いので早めに医療機関で診察を受けましょう。
病院
病気が進行している腹部だけでなく、腰や骨盤などにも痛みが広がるのが子宮内膜症の特徴です。
お腹を下しやすくなるという報告例も多く聞かれます。
肛門周辺や陰部から雑菌など侵入すると他の病気に感染することも考えられるので、デリケートゾーンは清潔にしておきましょう。

>>デリケートゾーンを清潔に保つおすすめのデリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーンの悩み

女性ならば誰もがデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。
でも友達や家族であっても自分たちの大切な場所の話はなかなか相談できないものですよね。
他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法を集めてみました。

デリケートゾーンの病気

デリケーゾーンやおりものから強いにおいがしたときには、性感染症や病気の可能性が考えられます。子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染症もそれぞれにおいに特徴があるため症状と共に比べてみてください。性感染症は無自覚な場合も多い病気です。まずは疑ってみることから始めましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ