妊娠・出産に影響も!子宮頸がんってどんな病気?

婦人科の癌で最も多い子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。子宮頸がんは、ウイルスの感染をワクチンで妨げることで予防が可能です。また、早期発見・早期治療が可能な癌<です。進行すると治療が難しい事から、早期発見が極めて重要です。おりものから悪臭がしたら子宮頸がんのサインかもしれません。もしも、おりものの臭いが強めであれば、きちんと検診を受けて病気がどうかの確認をしましょう。病気でない事が分かってもおりものの臭いが気になる場合には、デリケートゾーン専用の石鹸でケアができます。

子宮頸がんとは…どんな病気なの?

「子宮頸がん」は子宮の入り口にあたる子宮頚部にできるがんのこと。
子宮頸がんになると、再発を防ぐ為、子宮頚部だけでなく子宮もその周囲の臓器も摘出しなくてはならなくなり、妊娠や出産が困難になります。がんが進行した場合には、命を落とすリスクもある大変危険な病気です。国立がん研究センターがん対策情報センターのサイト(http://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/)によれば、子宮がんにかかる方は年間およそ21,000人以上。そのうち子宮頸がんは半数を占める、およそ9,800人にものぼります。

また、子宮がんで亡くなる方は年間でおよそ6,000人以上ですが、その内 子宮頸がんで亡くなる方は2,700人です。近年では特に、若い方の罹患率&死亡率が増加しています。ただし、子宮頸がんは現在研究が進んでおり、原因や進行過程が解明されているので、今では予防のできる病気にもなってきています。定期検診をしっかり受けていれば、子宮頸がんが見つかったとしても早期発見の可能性も高くなり、臓器を失ったりせず、がんを発症させない治療も受けられます。

子宮頸がんのサインや症状は?

初期では症状がほとんど出ない為、子宮頸がんとは気づかないケースが多いのです。そして、「発見の遅れ」こそが、子宮頸がんの怖い点です。子宮頸がんの殆どは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因である事が分かっています。このウイルスは、性的接触により子宮頸部に感染しますが、90%の人においては免疫の力でウイルスが自然に排除されます。残りの10%の人ではHPV感染が長期間持続してしまいます。

このうち自然治癒をしない一部の人は、異形成とよばれる前がん病変を経て、数年以上をかけて子宮頸がんに進行します。例えば、不正出血や性交の際の気になる出血、あるいは、おりものが普段とは異なる・量が増える、月経が長引く等、少しでも「おかしいな」と感じる事があれば、すぐに病院で検査を受ける様にしてください。症状が無くても 20歳を過ぎたら、2年に1回の子宮頸がんの検診を受けましょう。またHPVワクチンを接種した方も子宮頸がん検診を受ける事が奨められています。検査の内容は、まずスクリーニング検査として子宮頸部の細胞診検査を行います。細胞診の結果、異形成やがんの疑いがある場合には、専門の施設でコルポスコピーという拡大鏡で病変部の観察を行いながら子宮頸部の組織を採取(生検)し、顕微鏡で検査する病理組織検査を行います。

子宮頸がんのにおい

子宮頸がんのにおいのイメージ
月経時以外の出血や血尿、血便、頻尿、体のだるさなどが子宮頸がんの症状です。腰や腹部の痛みも感じますが、あまり強くない場合もあり症状に気付かない事も多く見られます。そんな中でも子宮頸がんの症状で特に目立つのが、おりもののにおいですので、おりものに悪臭を感じるようであれば、早めに検査を受けましょう。また、デリケートゾーンの異常に敏感となる観点からも「デリケートゾーンを清潔に保つケア」を常日頃から意識することがベストです。

>>優しく洗えるデリケートゾーン専用ジャムウソープでのケアも有効です

子宮頸がんの原因

上記の通り子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで発症します。発がん性のあるウイルスです。性交渉によって感染しますが決して珍しくはなく、女性の5人に4人が1度は感染していると言われています。ヒトパピローマウイルス
このヒトパピローマウイルス(HPV)が発見されたのは1983年とまだ比較的近年の事で、この発見によってワクチンが開発され予防ができるようになりました。子宮頸癌の原因については下記サイトを参考にしています。

HPVは性交渉により感染するウイルスであり、性交経験のある女性は感染の可能性が高くなるが、性交経験がなくても発症はある。HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってHPVが体内から排除される。HPV感染の大半は2年以内に自然消失するが、免疫が誘導されにくい為、何度でも感染する。約10%の人では感染が長期化(持続感染化)する。HPVが持続感染化するとその一部で子宮頸部の細胞に異常(異形成)を生じ、さらに平均で10年以上の歳月の後、ごく一部(感染者の1%以下)が異形成から子宮頸癌に進行する。
引用元:子宮頸癌

子宮頸がんの治療方法は?

子宮頸がんのステージ(臨床病期=がんの進行具合)によっても変わってきます。初期であれば、手術だけで様子を見る事もありますが、ある程度進行している場合には、化学療法、放射線治療、抗がん剤治療も検討しつつ、緩和医療の力も借りることになるでしょう。この辺りの治療プランについては、合併症の有無や年齢、体力なども考慮しつつ、ドクターとの話し合いなどで決定されます。

子宮頸がんの予防方法&気をつけること

初期の子宮頸がんは目立つ症状がない為、成人を過ぎた方は「2年に1度の子宮がん検診」を欠かさないようにすることが得策です。ちなみに近年、「喫煙」も子宮頸がんの危険因子として懸念されていますので、禁煙する事が健全です。

子宮頸がんの疑いがある時は、早めに受診を

病院
子宮頸がんは、ワクチンを接種すれば予防のできる癌なので、定期健診などによる早期発見・早期治療が可能な病気です。おりものに悪臭を感じた場合には、すぐに検診を受けてみましょう。
子宮頸がんの検診は一般的に「子宮がん検診」として婦人科などで受けることができます。一般的に子宮がん検診では、問診、過去の検診歴、受診歴、視診、子宮頚部細胞診、内診、必要に応じてコルポスコープ(膣拡大鏡)検査などが行われます。

>>優しく洗えるデリケートゾーン専用ジャムウソープでのケアも有効です

デリケートゾーンの病気

デリケーゾーンやおりものから強いにおいがしたときには、性感染症や病気の可能性が考えられます。子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染症もそれぞれにおいに特徴があるため症状と共に比べてみてください。性感染症は無自覚な場合も多い病気です。まずは疑ってみることから始めましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ