おりものが魚のような生臭さの細菌性膣炎

細菌性膣炎とは…どんな病気?

細菌性腟炎(BV=Bacterial Vaginosis)とは普段から女性の膣の中にいる菌(大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、腸球菌など)が異常繁殖することによって善玉菌と雑菌のバランスが崩れ、膣内が炎症を起こしている状態のことをいいます。
細菌性腟炎
通常、女性の膣には自浄作用というものがあり、膣内にもともといる善玉菌の乳酸菌によって酸性に保たれ守られているのですが、これが何らかの原因によって弱まると雑菌が増殖してしまいます。原理としては「膣カンジタ症」と同じですが、膣カンジタ症の原因病原体が「真菌(カビ)」なのに対して、細菌性膣炎は「細菌」(膣ガルドネラ菌など)という違いがあります。したがって、出てくる症状も異なってきます。

細菌性膣炎の感染の原因と感染経路

女性の膣内の酸性バランスは、ストレスや疲労などによって免疫力が低下している時は注意が必要です。また、生理用ナプキンを長時間つけっぱなしで細菌が繁殖しやすい環境となっていたり、入浴時に過剰に腟の中を洗い過ぎた時にも濃度が薄まり、これもまた雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。これは「膣内を強い酸性にキープする乳酸菌」が減少した状態ということです。つまり「乳酸菌の減少」こそが細菌性膣炎の原因と言っても過言ではありません。
細菌性膣炎の感染の原因
また、過度なセックスも男性の精子がアルカリ性な為、膣内の酸性濃度が薄まり自浄作用を低下させる原因となります。細菌性膣炎は、外からきた菌に感染するトリコモナス膣炎やクラミジア感染症のような性感染症の病気ではなく、性行為では感染しません。膣内の環境(バランス)が乱れて起こる病気です。

>>だから、このバランスを保って清潔にしてくれるこの石鹸が良いのです!

細菌性膣炎の原因については下記サイトを参考にしています。

本来、女性の膣は生息するデーデルライン桿菌の作用で粘液が酸性に保たれ、他の悪玉菌の繁殖を防いでいる。しかし、体調の悪化や生理周期・妊娠等によるホルモンバランスの変化でこの自浄作用が低下するとレンサ球菌や大腸菌、ブドウ球菌などの細菌が通常以上に増殖して下記のような各症状起こす。細菌性膣炎は、カンジダ膣炎と並んで広く女性に多い性器の常在菌感染症である。
引用元:細菌性膣炎

細菌性膣炎が発症するとおきる症状

おりものが魚の腐ったように生臭い

細菌性膣炎の症状として最も特徴的なのがおりものの強い臭いです。
「強い生臭さを放つ悪臭」など、異常がはっきりと感じられるときには、細菌性膣炎の疑いが濃厚です。
普段とおりものの臭いが違っていたり、急に臭うようになった時には医師の診断を仰ぎましょう。

おりものの色に変化

おりものの状態としては「灰色もしくは黄色の水っぽい感じ」となるケースが多くいようです。
このような症状は、「B群連鎖球菌」「腸球菌」「膣桿菌」などの細菌が増えることによって現れます。もし細菌性膣炎に感染してしまった時は、今後は繰り返さない様に デリケートゾーンの洗い方から見直しも必要です。

陰部のかゆみや痛み

膣や外陰部に痛みやかゆみを感じるようなケースもあります。
しかし、かゆみの症状は弱く半数近くの人が無症状であったり、かゆみが生じても「生理用ナプキンでかぶれたかな?」と病気に気が付いていないケースもあります。細菌性膣炎の症状については下記サイトを参考にしています。

アミン臭(魚臭帯下、魚介類が腐敗した臭い)の帯下
痒み・発赤を伴うこともあるが、さほど顕著ではなく無自覚のまま感染しているケースも多い。
引用元:細菌性膣炎

細菌性膣炎の治し方は?

損なわれた膣内環境を回復します。つまり「乳酸菌が元通り住み着いてくれる環境」を取り戻すのです。まずは、おりものや分泌物の検査をして、どんな菌が増殖しているのかを検査し 原因菌を特定していきます。

膣洗浄により症状を抑える

治療は、まず膣内の洗浄から行われます。
膣内に繁殖した菌を、洗い流し菌を減らす事で症状を抑えることが目的でです。ただし治療のたびに行うものではありません。膣内洗浄を行うと大切な乳酸菌まで一緒に流れてしまうので、初回の治療だけが基本なのです。くれぐれも自己判断による通常の石鹸やボディソープでの洗い過ぎにはご注意ください。

膣錠で菌を退治する

具体的な治療方法としては 乳酸菌に危害を加えず、膣ガルドネラ菌を滅亡させる薬「フラジール膣錠(メエトロニダゾール)」などで治療していきます。

細菌性膣炎の予防方法&気をつけること

基本的に細菌性腟炎は、一定期間ちゃんと抗生物質を服用し続ければ完治させられる病気ですが、ストレスや疲労が蓄積されている人は再発を繰り返すことがあります。そういったケースでは、根本の生活習慣から見直すことから始めなければなりません。

生活習慣を見直し免疫力を上げる

細菌性膣炎の主な原因は、膣の自浄作用低下によるものです。体調不良などによる免疫力低下を引き起こさない様に、規則的な生活リズムを作り、不摂生を自重するようにしましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つ

「デリケートゾーンを清潔に保つこと」も細菌性膣炎の予防にはとても重要です。デリケートゾーンに負担をかけず 常にベストなバランスを保っておけば、ちょっとした異常にも気づきやすくなる為、早期発見&治療の観点からも必要です。

入浴時、通常の石鹸やボディソープで膣を過剰に洗浄するのも控えましょう。過剰な洗浄が膣内の酸度を弱め、雑菌の繁殖しやすい環境を作ってしまいます。細菌性膣炎はおりものの臭いが強くなるという特徴がありますが、病気の疑いのない場合でも臭いが気になる場合には、デリケートゾーン専用の石鹸で膣内の自浄作用を妨げない様に洗う事が大切です。

>>洗いすぎの予防と清潔に保つには優しく洗えるデリケートゾーン専用石鹸が有効です

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーンの病気

デリケーゾーンやおりものから強いにおいがしたときには、性感染症や病気の可能性が考えられます。子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染症もそれぞれにおいに特徴があるため症状と共に比べてみてください。性感染症は無自覚な場合も多い病気です。まずは疑ってみることから始めましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ