デリケートゾーン用ウェットシートの特徴

デリケートウェットティッシュウェットティッシュにも色々あり、コンビニで販売されている普段使いのものから、女性のデリケートゾーンの臭いをケアできる物まで幅広くあります。

普通のウェットティッシュでは汚れをふき取ったり、除菌をしたりといった使い方しかできないことがほとんどですが、デリケートゾーン用に市販されているデリケートウェットシートであれば、陰部やおりもの、脇など、外出時でも汚れや臭いのもとをふき取ることでシャワーを浴びたあとのようなスッキリ感が得られます。

デリケートゾーン用ウェットシートのメリット

その1:どこでも携帯できる

外出先で陰部や脇の臭いが気になったとき、すぐにシャワーを浴びることは難しいですよね。そんなときにデリケートゾーン用のウェットシートがあれば、汗やおりもの、経血などの汚れをサッと手軽に拭き取ることができます。
ただし、コンビニなどで売っている普通のウェットティッシュでは、臭いまではウェットティッシュだと完全にはケアできません。
専用のデリケートゾーン用ウェットシートなどであれば、臭いもある程度までは防ぐことができるので便利です。

ウェットティッシュのデメリット

その1:一時しのぎ

ウェットティッシュで拭き取ることのできる汗やおりもの、経血などの汚れはごく表面だけのものです。
脇であれば綺麗に拭えるかもしれませんが、女性の陰部は入り組んでおり、アンダーヘアもあって汚れはどうしても残ってしまいがちです。
残った汚れの中で雑菌が増えて臭いが強くなるので、ウェットティッシュを使ったケアは一時しのぎにしかなりません。

その2:アルコールなどの除菌作用

ウェットティッシュはほとんどの製品にスーッと清涼感を感じるアルコールが配合されています。
アルコールで除菌することは一見陰部のケアに良いことに思えますが、実はそうではありません。
万一、女性の膣内を守っている善玉菌をアルコールで除菌してしまうと、返って抵抗力が落ちて雑菌に感染してしまうリスクが高まってしまいます。
陰部にウェットティッシュを使うのであれば、アルコールが配合されていないデリケートゾーン専用のデリケートウェットシートがおすすめです。

デリケートゾーン用ウェットティッシュのデメリット

一般的なウェットティッシュよりもお金がかかる

袋に入っている枚数が6枚前後と少ないため、頻繁に使うとその分購入金額が掛ってしまいます。

デリケートゾーンは日頃からケアをすれば、生理中に起きやすい、かゆみでさえも防ぐことができます。
顔には顔、デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うことがとても大切です。

また、汚れを落としたいからと言って強くゴシゴシ洗ったり、過剰な洗浄はかえっておりものを増やす原因になります。
デリケートゾーンにはきちんと専用の石鹸があるので、デリケートゾーン専用石鹸を使ってやさしく洗いましょう。
入浴の際に誰でも手軽に使えるようになっているのでおりものにおいやの量が気になる方も試してみましょう。
デリケートゾーンのケアは日頃から清潔に保つことが一番の近道です。

>>雑菌を防ぐ効果のあるデリケートゾーン専用石鹸でケア

デリケートゾーンのおすすめのコスメ

「ジャムウ」はハーブが主原料のインドネシアに昔からある民間伝承薬です。
今から1,000年以上も昔に起源があり、主な原料は植物の葉や根などのハーブ。これらを専門家が調合して製造します。
その製造方法は数百にも及び、素材や調合が効き目を左右すると言われています。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サブコンテンツ
サイトマップ