ジャムウパックで臭いと肌を同時にケア

ジャムウパックは、ジャムウの成分が配合されているデリケートゾーン専用のパックです。
ジャムウとは、ハーブなどを主原料にした昔からインドネシアにある民間伝承薬です。このパックは、デリケートゾーンの臭いの元やおりもののケア・黒ずみの解消や肌の引き締めなどを目的として入浴時に使用します。
ハーブ
生理時や気温が高くなって来る夏頃など、特に陰部の蒸れやすい時期に使うと効果的だと言われています。使い方は、適量をとり(2~3センチ)デリケートな部分に塗布し塗り込んだ後、3分間置いてパックをした後に軽く洗い流します。あまり洗い流し過ぎない様に注意が必要です。また、このパック自体には洗浄作用は無いので、使用する前には陰部を石鹸などで洗い流す必要があります。

ジャムウパックのメリット

ジャムウパックのメリットその1:美容成分で素肌をケア

ジャムウソープにも保湿成分となるハーブなどが配合されていますが、乾燥肌であったり敏感肌になっている時には肌に十分な潤いが感じられないこともあります。陰部や脇など、肌の敏感なところを健やかに保つには保湿ケアも大切な要素です。ジャムウパックであれば臭いと黒ずみに加え、肌の潤いを特に重点的にケアできます。

ジャムウパックのメリットその2:特に念入りにケアしたいときに活躍

石鹸だけのケアでは物足りない特別な日なので念入りにケアしたい、だけど陰部にベタベタと化粧水や美容液を塗ってしまうと湿気やムレを感じて不快……ですよね。そんな時にこのジャムウパックを使う事で、石鹸でのケアに加え更にデリケートゾーンへの臭いや黒ずみを抑える事ができます。

ジャムウパックのデメリット

ジャムウパックのデメリットその1:価格の高さ

配合成分に美容成分など拘りがある分、製品は高めの価格設定である事が多いです。毎日使う事もできますが、それはやや贅沢に感じるので 念入りにケアしたい時でも良いでしょう。使用頻度の目安も1~2日置きが最適とされています。

ジャムウパックのデメリットその2:製品の種類が少ない

ジャムウパックは、ジャムウソープやジャムウスティックに比べて販売しているブランドはあまり多くはなく、あったとしてもデリケートゾーン専用ではない事も多いです。陰部にも使えるジャムウパックは種類が限られているので、商品がなかなか見つからない事もあるかもしれません。もしデリケートゾーン専用のジャムウパックを試してみたい場合は、馴染みのあるジャムウソープなどとセットで販売されているものが安心できるので、オススメです。

>>こちらのジャムウソープとジャムウパックなら沢山の方に支持されています!

デリケートゾーンの悩み

女性ならば多くの方がデリケートゾーンのかゆみやにおいを気にしたことがあるはず。ストレスや疲労・ホルモンバランスの乱れも、様々な身体の変化や悩みを引き起こしてしまいます。20~50代の女性を対象に調査したアンケートによると、全ての年代で約5人に1人が悩んでいる事が分かりました。でも 友達や彼、家族にも悩みを打ち明けたり、相談なんてなかなかできないものですよね。 そこで、他人には聞けないデリケーゾゾーンのお手入れ方法をまとめてみました。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン石鹸の口コミ評判を臭い解消実験で検証

人に聞けないデリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの悩みとケア方法

すそわきがのにおい原因と対処法

生理の悩み

病気が原因のデリケートゾーンのにおいの対処法

デリケートゾーンケア専用コスメ

愛されるセックスをしよう

「脱いでも美人!愛されボディになる秘訣」

サイトマップ